適応

ずっとオンラインで授業を受けていた小僧も、今週辺りで試験も終わってほぼ一段落。順調であれば、前期の単位を取得することができるわけですが、さて。

大学へ通学していた頃は、午後に家を出て夜に帰ってくる感じだったのですが、家から出ることなく講義を受けられるようになったので、3時間から4時間はかかる通学時間が大いに節約できたはず。。。なのですが、その分はラボの実習の自宅学習に費やされたようでした。

しかし。午後3時とか6時とかに始まる講義を受講する小僧が家にいるのは、結構ウザイ。狭い我が家は2人ともリビングであれやこれやすることが多いのですが、特に試験ともなると横でワサワサ遊んだりするわけにもいかず、じっと辛抱。夕食の準備だって、派手にはできません。

ある日、職場から帰宅して「オーラ〜」と声をかけたらZoomで授業中だったりしたこともありました。それ以降は声をかけるのも様子を伺ってから、てな具合で。

そんな涙ぐましい努力の甲斐はあったようで、今のところなかなかに順調に行っているようです。良かった。

小僧の大学は、とりあえず6月まではオンラインと決まっていますが、後期の授業が始まる7月以降は未定。5月はグアテマラのコロナウィルス感染確認者数がどんどん跳ね上がっているので、7月以降キャンパスでの授業再開ができるかどうかは微妙なところですが、雨季でもあるし、通学しないで済むならちょっとは気楽かも?でも、やっぱり教室で授業を受けられる方がいいよねぇ。

我が家の場合、自宅のネット環境はそんなにメチャクチャいいわけではありませんが、とりあえずニーズはカバーできているのでまあ良し。でも学生たちの皆が皆そういうわけでもないようで、オンライン授業だとトラブルがあることもあるようです。なかなか大変。

便利な世の中から少し不便なこともある世の中となり(逆に良くなったこともあるとは言え)、大変なことも増えていますが、それとどうやって折り合いをつけていくのかとか楽しみを見つけるのかとか、そういう適応力が求められているのかもですねぇ。

それはそれでまた良しですが、問題は、生き延びられるかってことなのかもですねぇ。

バーチャル博物館

最近、あちらやこちらでオンライン講座などがありまして、興味を引枯れるものも多々あります。残念ながら時間が合わなかったりして見られないことも多いのですが、いつでも見られるバーチャルミュージアムなどは隙間時間に眺めてみたりしています。

訪れる予定だったワシントンDCで行こうと思っていたスミソニアン博物館などはオンラインイベントもあってバーチャル部分も面白いのですが、手っ取り早いのはGoogle Arts & Cultureでしょうか。スマホやタブレットならアプリインストールすることも可能。スマホの画面だと小さすぎないか、という気もしますが。

フラ・アンジェリコとフィリッポ・リッピの絵がDCにあったの。。。なんて新しい発見もありますが、お気に入りはウフッツィ美術館。数十年前に訪れたこともあり、建物の中が見られるのもとーっても嬉しいです。覚えてないけれど。ルネサンスの華やかさもいいですし。

さて、こちらはバーチャル美術館ではないのですが、サウスフロリダ大学がSketchfabという3Dビューアを使っていろんなものを3Dで見られるようにしているのですが、その中にはマヤの石碑その他も多々あり、これがまた面白い。

コウモリ像。グアテマラシティのポポル・ブー博物館で展示されています。コパン遺跡で出土したもののようです。

Bat

頭の上にライトが。。。誰だよ写真撮ったの(すみません、私です)。

Sketchfabが面白いのは、自分で好きに動かすこともできるし、製作者がつけたコメントに沿って見ることもできるし、普段は見られないような上からの視点とか、手に取るように見られるのがすごい。

コウモリの神様というか、初代バットマンというか。コウモリにしては丸い耳だと思ったら、文字が書かれていたのか。。。鼻ぺちゃコウモリは新大陸の生息種ということで、あらーそうだったのねー。

とこんなことをして1日があっという間に過ぎていくのでありました。バーチャル見たら、今度はホンモノ見に行きたくなるのがちょっと困ったところではあります。

母の日

昨日5月10日はグアテマラでも母の日でした。日本は5月の第二日曜日ですが、グアテマラは5月10日と決まっているので、今年はたまたま一緒になってしまいましたが。

この母の日の直前は、毎年毎年プレゼントを買う人たちであちらもこちらも大賑わい、当日はレストランも満員御礼、あちらの家やこちらの家でもお祝いの声が溢れる、と言う特別な日なのではありますが、今年は肝心のプレゼントを売ってるようなお店は閉まっているところが多く、レストランでお祝いというわけにもいきません。

それでもやはりこの日に照準を合わせてプレゼントや食べ物のデリバリーサービスをするところもありました。ちょっと高級な食器やグラスといったものを扱っているお店は全品25%引きで送料無料。日本でもお馴染みロクシタンは母の日セットを出してました。オーダーは電話だったけれど。。。街角(路上)の花屋さんも盛況だし、ケーキ屋さんも長い列。ついでにドーナツ屋さんにも列があったな。

レストランはこの日用の特別メニューを出しているところが多かったですが、現在は営業を停止している某ホテルまでもがこの日用のスペシャルフードメニューを出しておりました。あちらもこちらも本当に大変な中知恵を絞っているのでしょうね。

というわけで我が家もささやかな地元企業応援。

実際に注文したのは写真のポークロインではなく、スペアリブのロースト。ホロホロに柔らかい肉にマンゴー&チポトレ(唐辛子の仲間)ソースをかけて頂くのですが、これにサイドメニューが2つ、美味しいパンがついていて、心が豊かになるメニュー。美味しかった〜。

ウチのアパートにも母の日のお祝いのために来ている家族があったようで、久しぶりに賑やかな日曜日。母の日はやっぱり祝わずに過ごすわけにはいかない日であるようです。

それでもこれって大丈夫なのかしらと、いささか心配にはなったのではありますが。

炊き出し

5月に入ってから、今まで閉まっていたお店でも開け始めたところが多々あるような気がします。

民間セクターからの強い要望もあり、政府は現在の禁止措置を少しずつ解除する道筋を求めている模様。何といっても副大統領のギジェルモ・カスティーヨが商業界の人なので、こちらからの突き上げは結構強いのではないかと思います。これに対するのが医師である大統領アレハンドロ・ジャンマテイ。かなり孤軍奮闘している感があるけれど・・・、今のところは何とか踏ん張っておりますね。でもそろそろ限界のような。

国境閉鎖・労働禁止・外出禁止といった措置が始まったのが3月17日ですから、もう5週間が経過しておりますが、そろそろ慣れて来た一方、閉塞感もまた高まってきているように思います。やっぱりずーっとずーっと家の中にいると言うのは健康的じゃないですし。

それでも仕事があり、少なくとも今のところは収入が保証されている私はとっても幸運な立場にあるわけで。政府はコロナ禍による失業者への保障、中小零細企業支援、貧困世帯への金銭的支援を表明していますが、手続きがそうスムーズに行くわけではなく、実際にお金が手元に届くまでにはまだ時間がかかりそうです。それまで皆持ちこたえられるのかしらん。特に日銭で暮らしていた人たちへの影響は深刻です。

一方で、そういう人たちのためにできることを行っている人たちもまた。

ラユエラはグアテマラシティの1区にあるレストランですが、4月から無料の食事の提供を行っています。

当初はほぼ持ち出しだったようですが、現在では食材の寄付もあればボランティアも多々集まっており、先日は朝食300食と昼食900食を提供したとか。作るだけでもものすごい手間だとは思いますが。。。

当然それだけの人が訪れるわけですが、子連れの女性、年配の方を優先にして、後は順番に配っているのだとか。

ある日の朝食。パンケーキとシリアルとかヨーグルトかな?子供が喜びそうなメニューです。

始めるだけでもすごいことですが、それがもう何日も続いているというのが凄い。善意が善意を呼んで、更なる人手や食材といったものが届くようになっているといいますから、善の連鎖。

ファーストフード店などが、国立病院などの職員に時折食事を提供し、大き目に報道されたりしておりまして、それはもちろん良いことなのですが、貧困層への支援を第一に掲げている地元企業は他には聞かないかも。

もっとも、大きく取り上げられていないけれど地道に貧困層・医療関係者への支援を行っている企業・個人は結構多いのではないかと思っています。企業以外では教会がそういう活動をしていますが、まあそれは本来業務みたいなものと言える?

本来なら行政が手を差し伸べるべきなのでしょうが、なかなかそこまで行き届かない。そこをカバーできる個人やグループがいるグアテマラって、結構スゴイって思います。

いやひょっとして、そういう人たちがいるから、行政が動かない、とかなのかしら・・・?

物騒な

今日は出勤日だったのですが、お昼頃に我が家近くの路上で派手な殺人事件があり、帰り道は大渋滞。こんな渋滞超久しぶり。

事件現場。走行中の車に向かって発砲、運転手はその場で亡くなったのだそうですが、残された銃弾(あるいは薬莢)、何と23発分。亡くなられた方を狙っての犯行と思われますが、被害者は普通の若者だったと言う話。不穏です。

コロナ禍の対策が始まって以降、殺人事件は減っていたのですが、昨日はサカパ県テクルタン市長が同じように殺害されており、ひょっとして今までに受けていた依頼を消化し始めたのでしょうか、殺し屋さん。

それも怖いのですが、最近増えているのは窃盗・強盗。スーパーの買い物帰りを襲われて、買ったばかりの品物を奪われる、という変わった事件が続いています。現在スーパーは一家族に一人だけ入店可という制限付き。それで狙われるのかなぁ。。。物騒。

犯人もマスクで顔が半分隠れているわけで、ちょっとねぇ。。。

気をつけないとです。

 

イシュチェル民俗衣装博物館

1年とちょっと前くらいからイシュチェル民俗衣装博物館が月に一度行っている刺繍のサークル的なものに参加していたのですが、これもまたコロナウィルスによる諸々禁止に引っ掛かり、4月はお休みとなりました。

これからしばらく無いのか。。。と残念に思っていたのですが、先月くらいに担当のジョアナから「5月はZoomでやろうと思うんだけれど」と連絡が。事前に課題のキットを送るので、送料を参加者に負担してもらい、土曜日にZoomでやろうという話。しかも、いつもなら月イチですが、5月はとりあえず毎週土曜日にやってみようと。その分、受講料的なものは少しお高くなるのですが、それでも折角なのだからと参加してみました。

ちなみにこの博物館、刺繍のみならず、他にもZoomでやってるものがあります。

オンライン講習会。下記のは有料(寄付)ですが、無料のものもあり。

ハンドメイド(腕輪とか小さい織物とかかな)のワークショップ(キットとビデオ)。

インスタライブ。明後日の6日にもありますよー。日本時間だと7日の午前10時。

先住民の衣装保存・保護を目的とするこの博物館は、元々入場料と寄付で成り立っているのですが、入場料収入がない現在、できることをやろうとしているのではないかなと。ワークショップでの収入はものすごく小さなものだと思うのですが、それでもこう言う形で活動を続け、職員が仕事をするという一歩が始まったのでありました。

今回の刺繍のワークショップには今までサークルに来たことのない人も参加しています。オンラインだからできること、と言えば遠距離の人が参加できることですよね?そう、地方の参加者もいたのでした。残念ながら遠方すぎてキットは届けられなかったようですが、そういう形でも参加できるのはすごい。

手取り足取りとはいきませんが、手元をじっくり見られるし、一人だけれど集中してできるのは良いところ。いつものワイワイガヤガヤがないのは確かに寂しいけれど、逆に普段刺繍やらない人や男性なんかは取っつきやすいかも?

と言うわけで、あっという間の1時間でした。フレンチノットという比較的わかりやすいスティッチだったのですが、刺繍初めてなとな初心者の方もおり、教える側は大変そう。ワークショップの後はスティッチの刺し方ビデオも送ってくれるので、何とかなるかしら。YouTubeにもたっくさん解説ビデオはあるしね。

index

うーん、案外難しい。うっかり気を抜くとフレンチノットがゆるゆるに緩んでしまうのが難しい。何度かやり直した部分もあり。

次回はロココ(すみません、スペイン語の名前、ちょっと今日本語のスティッチ名が出てこない。。。)、その次がチノ、最後がパレストリーナ。私は上手なわけではないので、ゆっくり丁寧にを心がけて。。。と思っています。

外出自粛の期間は、手仕事するにはもってこい。

なお、イシュチェル博物館は売店の商品のオンライン販売も始めたい模様(まだオンラインで販売しているわけではないけれど、準備しているところっぽい)。ここは他のところと比較するとお値段かなりお高めですが、その代わり元々の織物の質も良く、仕上げも丁寧。私も刺繍の腕を上げてここで販売してもらうぞーとか内心ちょっと思ったり。いやでもよっぽどうまくならないと無理なんだった(笑)。

 

新商品

コロナウィルスによるレストラン・食堂のイートイン禁止で各店とも色々苦労しているようですが、時々おっと思うような新商品やサービスがあったりして、それはそれで見ていて楽しい。注文するかと言うとそれはまた別の話。そんなに毎日外食ばかりしてたらフトコロは痩せ細り、体は大きくなっちゃいますもん。

良く見かけるのはファミリーセットで、4人とか6人とか8人とか用のセット。2人家族の我が家はお呼びじゃないってことだけれど。

今日見かけたのはマクドナルド。でもハンバーガーじゃないんです。

ソフトクリーム、だと。。。?

バニラアイス1リットル、コーン8個、ソース2個(ストロベリー、チョコレート、キャラメル、ピーチ)でお値段はお得感のあるQ49。1個当たりQ6だとすると、100円にもなりませんよ。安いな。

こちらは私の好きなカフェ・バリスタ。しばらく行ってないけれど、テイクアウトとデリバリーやってます。

新商品はコーヒーカプセル。ネスプレッソのコーヒーメーカーに対応しているそうです。バリスタのコーヒー飲めるんだったらネスプレッソ買ってもいいぞと思った私。カプセル12個入りでQ45、カプチーノ6個とブレンドコーヒー6個だそうです。1杯当たり50円くらい。ネスプレッソのカプセルと同じくらいの値段設定なのかしら。

ここはこれ以外にもボトル入りのオシャレ系ジュースやピザといった新商品も出しています。サンドイッチは前からあったけれど、ピザか。。。ドライブスルーで頼むと時間かかりそうな気が。。。でもちょっと興味あるぞ。と思って良く読んだら、冷凍とか解凍したのとかも頼めるそうです。オーブンで7〜8分。

いろいろ工夫しているのね。

そういえば、ピザのキット(?)を販売しているところもあったな。ご家庭で生地と材料をセットしてオーブンで焼いたら出来上がり。ピザはやっぱり熱々がいいですもんね。

マルゲリータとペペローニの2種類で1セットが3〜4人分。Q75は1000円弱。

でも自分で生地を整形しないといけないのか。。。子供が喜びそうですよね。

あれも食べたいこれも食べたい、次はどれにしようかなーなどと贅沢に悩むのでありました。