Category Archives: rabbit

雨がざんざん降るようになると、山の緑も濃くなります。

DSC_3122

ほら。

ムシュバル街道からエルサル街道を眺めるとこんな感じ。もっともここは山深いので、年がら年中こんな感じだったような気もするけれど、はて。

ま、山の緑が多少濃くなろうが薄くなろうが、自然は偉大だと思っていればいいのですが、これがこと我が家の庭となると話は変わります。何が困るって、雑草の成長が速すぎる。毎週末にせっせと草取りしているのですが、我が家のうさぎのひたいよりももう少し広いくらいの庭でも全然追いつかないくらいどんどこ成長していきます。

庭で草取りしていると、ウサギのモカがやってきて邪魔手伝いしてくれたり、そこへ小僧もやって来るものの、モカといちゃいちゃしているばかりで全然手を貸してくれず、そんなわけで一人せっせと草取りをするわけです。

それに飽きると花を買って植えてみたり。ただし、花によってはモカに食べられてしまうことも多いというか、この前買ったのはきれいに食べられてしまったので、一株買ってはトライです。

今日買ってきたのはヘメロカリス(ノカンゾウ)。ユリ科は多分ウサギの好みではないだろうと思って買ってきたのですが、今日のところは無事。明日もこの調子で頼むよー。

そうそう、園芸店で見かけたものと言えば、これ。

DSC_3131

きゃ〜ウサギ!なんと園芸店にウサギが三匹。夜間は多分この小屋の中なのでしょうが、日中はドアを開けて放し飼い状態である模様。この写真だと良く見えないですが、坂の下にはPVC管のトンネルが埋められていて、この右側にあるスペースに出られるようになっています。いいなぁ〜。

それにしても、ですよ。園芸店なんてウサギの好きな植物がたくさんあるのに、食べちゃったりしないんでしょうか。もっとも人のいるところに喜んで寄っていくとは思わないのですが、それにしてもまぁ、丸々とした子たちだこと。

花を買いに来たのだか何だかわからないことになってしまったのでありました。いえ、もちろん買って帰ったわけですが。

ブログを少しお休みします

いきなりなのですが、今月と来月、どうも仕事が忙しくなりそうなので、少しブログをお休みしようかと思っています。

週末やイースターの休暇の時期なら、少し書けるかも。でも普段の月〜金は、体調管理を第一に、早寝早起き快食快便を目指すぞ!そうすれば6月くらいにはリニューアルでバージョンアップしたxiroro 2.0となってブログを再開できる。。。かもしれません。そんなわけで、期待せずにお待ち頂ければ幸いです。

DSC02222

おやおや、我が家の女王さまもブログの愛読者であらせられましたか。女王様の期待に応えねば。。。

早ければ、今週末にでもアップできると思いますが、その間にイキのいいネタを仕入れられるよう努力します。それでは!

まんまる

暑くなってくると乾燥していることもあって、日中は細かい埃が大気中に浮遊して煙霧が起こるので、夜空もあんまりクリアーではなくなってしまいます。月曜日の夜は割と綺麗に月が見えていたのですが、昨日の夜はもやっていてダメ。

1月の月食は寒くてとても外で見る気にならなかったけれど、2月のスーパームーンも案外観測が難しいのでありました。

もっとも、夜間は気温が下がり結露までする高地ですから、明け方の空気はクリアーだったり。つまり、天体観測したかったら夜明け前がベストだということに今朝気づきました。もう1日早く気づいていたら、スーパームーンも見られたのかも。

Super Moon

これは今朝5時半頃の我が家近く。月が明るすぎて逆光状態ですが、とりあえずまんまるです。ちょびっとだけある松林のお陰で、コントラストが出てくれた。空に丸いものが浮かんでいるのを写しただけでは、あんまりにも愛想無しですもんね。

そうそう、まんまると言えば、こちら。

DSC_1704

ちょっとピンボケですが、まんまるお目々はピンボケでもまんまる。月が見えない時はモカを眺めればいいか。ついでにもふもふできるしね。

I’m rabbit

日中こそは太陽が顔を出して温かくなるものの、昨夜から吹き始めたベラパスおろしのお陰で、朝晩はかなり冷えるグアテマラです。

どれくらい強いって、時速37キロ、秒速10m。暖かい風ならともかく、冷たい北風なんですよねぇ、これが。

ビューフォート風力階級によれば、風力5、和名では疾風、英語ではFresh Breeze、スペイン語ではFresquito。確かに、日中ならフレッシュエアーかもしれないけれど、霧が流れる夜なんかは吹かないでほしい。それでもまだ強風の域には達していないのだから、ハリケーンってどんだけ凄いんだよ!と思うのでありました。グアテマラの夜は寒い。

そんな冷え込む日ですが、明日はレースデイ。朝の7時から今年最初のレースに参加するので、5時起きかな。

DSC_2942

またお留守番にゃ!!

と機嫌の悪い方が約1名。ちょうど今毛の生え変わりの時期で、猛烈な抜け毛が家の中を舞っております。この時期、どうも食欲が落ちるような気がするのですが、換毛って動物にとってもうざいものなんでしょうか。

ウサギと言えば。

DSC_2923

日本で見つけたこのトートバッグ。マクドナルドのパクリですが、我が家的に大ヒットしています。

マクドナルドのはこちら。

ティンバーレーク、I’m rabbitも歌ってくれないかな。

どんなに風が吹き荒れてもI’m rabbitだからヒョヒョイのヒョイって走り抜けられるのさ。ってなわけだったらいいんですけどねぇ。

シエスタ

うさぎは普通頭を落として寝ないのですが、この時は熟睡でした。

Siesta

起こさないように携帯でそーっと撮ったので、あまり綺麗な画像ではありませんが。

普通なら気配で目をさますところですが、よっぽど眠かったようで、この時は写真を撮っても起きなかったのでした。

なんとまぁ無用心に眠っていること。

このテーブルの下はお気に入りの場所の一つで、テーブルに貼ってある「201-A」はモカの家の番号。我が家が201号室なので、その中にあるモカ家は201-Aなのですよ。お手紙書く時は宛先にそう書いてね。いまだに郵便局やってませんが、グアテマラ。

シエスタとタイトルしてますが、これは朝の、私の出勤前の時間。普段ならごはんを食べて庭に出て風に当たっている時間。いつもとは違うこんな表情見ちゃうと、またたまらなく可愛いくて。単なる親バカなんですが。

再びクリニックへ

先週クリニックへ行って症状が改善した小僧でしたが、昨日は朝からまた頭痛が激しくなり、おまけに吐き気もするとか言い出すものですから、再びクリニックへと出かけました。

問診と聴診、触診の後、今回は血液検査、胸部X線、インフルエンザ検査のため鼻から検体を取るオーダーが。さすがにこれは自分でできるでしょ、と待合室で待っていたのですが、相変わらずの注射嫌いは腕から採血されただけでもう涙目。ついでに、綿棒を鼻に突っ込んで検体を取るのも結構辛かったようです。

検査の結果、インフルエンザは陰性でしたが、気管支炎との診断で前回よりも多めの薬が処方されたのでありました。ま、前回みたいにお尻への注射がなかっただけ良かったのかな。

薬を買って、我が家の病人食であるポーヨ・カンペロのプリンを買って帰宅。小僧は昨夜から薬を飲んでいますが、もうかなりすっきりしているようです。若者は治りが早い。

一方私は、今日からちょっと頭が重く胸の辺りが痛い感じで、ひょっとしてこれってうつされたのかしらん。というわけで、とりあえず風邪薬を飲んでみました。

そんなわけで、今日はこれでおしまいにして、さっさと寝ようかと思います。

それだけではちょっとさびしいので、娘の写真など。

DSC_2590

「モカにヨガマットとられてヨガできず」

たまにヨガやろうとヨガマットを敷くと、モカがやって来てちょこんと座り居心地よさそうにしているので、ヨガができなくて困っているの図。

ヨガマットの柔らかさがいいのか、好きなんですよねぇ。

でもひょっとしてこれはモカなりに「あたしもヨガやる」と言ってポーズを取っているところだったりして。もちろんこれは「座ったウサギのポーズ」。まんまです。

「ちゅら」と「チューラ」

日本方面は各地で大雪、グアテマラ方面は元国会議員で大統領選に立候補したこともあるマヌエル・バルディソンがアメリカの移民局当局に拘束され、うまい具合にバルディソンに対しグアテマラで逮捕命令が発行されたという結構な大地震が起こっています。容疑はラテンアメリカのほとんどあらゆる国のトップを巻き込んでいるオデブレッチ社からの収賄容疑。これについてはもう少し情報が出てくれば続報しますが、現在のところはあまり出てきていないのですよね。水曜日に検察が記者会見を行うという手はずのようですので、内容次第ではあらためて書くことになるかと思います。

さて、今日はずっと軽い話題。

沖縄と言えば琉球の時代から続く言語がありますよね。琉球語は日本語の方言と言うにはかなり異なり、異なる言語と言うにはあまりにも似ているという言語のようですが、それってここのカクチケル語とツトゥヒル語みたいなもの?元々キチェー語から派生した言語は当然似ており、原語の方言と呼べなくもないのですが、グアテマラで別の民族とカウントされているのは、それぞれが王というか族長を持ち、社会を形成していたからなのではないかしら。

そういう意味では、王国を形成した琉球は一つの民族と言えると思うのだけれど、沖縄の人たちってそんな風に考えないのかな???

それはともかく、「ちゅら」と言えば「美しい」という意味合いの沖縄方言(または琉球語)であることは良く知られていますよね。

スペイン語のchula(チューラ)という言葉もやはり「美しい」という意味になります。もっともこれは女性形で、男性形はchulo(チューロ)。特にグアテマラでは結構使われている言葉だと思うのですが、他の地域ではどうでしょう。ちなみに、この付近では「美男」「美女」という意味でもあります。

沖縄方言とスペイン語のグアテマラ方言に見られるこの偶然。

いやひょっとして昔むかしのその昔、琉球から難船して太平洋をさまよったあげくグアテマラにたどり着いた人がいて、それがグアテマラ方言「チューラ」の源になったのでは。。。とか相変わらずテキトーな妄想をして楽しんでいます。じゃあなんで、他に似通った言葉はないんだ?とかは聞かないように。

グアテマラ方言のチューロは、一番良く使われるのが子どもを「かわいい」という時かな。
Qué bebé tan chulo!(とっても可愛い赤ちゃんね!)

通りを歩いている女性に投げるピロポ。
Chinita chula!(美人さん!)
私が若かりし頃こんなピロポ言われたっけ。。。

あるいは、お礼の言葉。例えば何かもらった時。
Tan chula, gracias.(親切に、ありがとう)

私が使えるのは最初のケースくらいで、ピロポを言う相手もいないし、外国人がお礼の言葉に使うにしてはくだけすぎな気がします。でも言ってはいけないというわけではないから、今度使ってみようかしら。。。あ、くだけた言葉なので、若干シチュエーションは選びますよね。よし、とりあえず今度小僧に使って試してみよう。

ふっふっふ。

【おまけ】

我が家のチューラです。

DSC_2408