Category Archives: 交通

引きこもる週末

お気に入りの曲を見つけたので、今日は今日とてApple Musicの登録をして(3ヶ月の無料トライアルだけれど)早速ヤルヴィさんのフォーレを聴くところから始めています。

今日の17時から月曜日の5時までの60時間は完全外出禁止なので、やることと言えば音楽聴くとか本を読むとか(オーディオブック含む)て仕事するとかとか。あ、ゲームもあった。あんまりゲームするわけではないのですが、ゼルダの伝説だけは好きで、2017年に出たブレス・オブ・ザ・ワイルドを先月くらいから再挑戦中。今度はのんびりゆっくり楽しみながらハイラル中を駆け巡り、強い敵が出てきたら逃げ回るという、そんな感じ。というわけで色々と忙しいのでありますよ(笑)

加えて、外出禁止の前後である今日金曜日と来週月曜日はあちらもこちらも大賑わいの大密となることが予想され…。やっぱり外出は控えよう。

まあでも海外に住み始めてン十年前、日本の物のみならず、グアテマラで手に入らないものを入手するのは大変だったことを考えると、デジタルの時代は自国を離れている人にはありがたい世の中となっています。Kindleで日本語の書籍を海外で読むのは1年あたり5冊という制限があるのが残念ですが、英語とかスペイン語の本ならいくらでも手に入るし。音楽に至ってはそういう制限もないのがいいですねぇ。元々グアテマラでは入手し難かったクラシックもあれもこれも聴ける。NetflixやらAmazonやらで映画やドラマも見られちゃう。いい世の中だわー。

もっともそのグローバルで便利で快適な世の中があっという間に世界中に拡散したのがコロナウィルスでもありました。

遡ることざっと500年。新大陸にはまだ存在しなかった感染症がスペイン人によりもたらされ、多くの先住民が亡くなったのは有名な話です。初代グローバル・パーソンであるコロンブスの交易により新大陸にもたらされたのがコレラ、インフルエンザ、マラリア、麻疹、ペスト、猩紅熱、睡眠病、天然痘、結核、腸チフス、黄熱病。えーマラリアもアフリカからもたらされた物だったのか。新大陸発で旧大陸にお持ち帰り頂いたのがシャーガス病と梅毒ですね。

コロンブスのお陰で、武力ではなく感染力によりメキシコ地方では人口の約8割が亡くなったという試算もあります。目に見えない細菌とかウィルスっていうのは、殺し屋で言うとスナイパータイプ?狙われたからヤバイよね。ウィルスさんの目に触れることのないよう、ローカライズしてひっそり暮らしているのが一番かな。

新型コロナウィルスによる死者は世界で既に30万人を超えており、なおかつ米州ではまだまだ終息する気配がありません。それでも歴史を振り返れば、人類の歴史はパンデミックを生き延びてきた歴史でもあり、今回も時間はかかっても必ず乗り越えられるはず。あと100年もしない内に、この時代がモデルケースとなり「あの頃はナントカの概念がまだ足りなかったから、あっという間に蔓延しちゃったんだよねー」なんて言われているのかもしれません。そんな次世代のそのまた先の世代のためにも、このパンデミックをうまいこと波乗りしていかねば、です。

と言うわけで明日・明後日は引きこもり。

グアテマラ脱出ルート

グアテマラは現在空港閉鎖中ではありますが、週に2便程度、ユナイテッド航空のヒューストン行きが飛んでいます。誰でも乗れるわけではなく、建前はアメリカ人またはアメリカに永住権を持つ人たちのためのレスキューフライトですが、日本人のようにノービザでアメリカに入国できる人たちも利用可。

チャーターではなくコマーシャルフライト扱いなので、UAのサイトから直接購入可能です。

ちょっと拝見。

Screenshot_2020-04-28 Flight Search Results United Airlines

昨日5月3日のフライトがあることが発表されていましたが、その後のフライトも出てますね。短いフライトですがこのお値段。もちろん片道です。高いわ。。。

東京まで行こうとするとこんな感じ。やっぱり片道ですよ。

Screenshot_2020-04-28 Flight Search Results United Airlines(1)

ちなみにルートはグアテマラーヒューストンーサンフランシスコー成田またはグアテマラーヒューストンーシカゴー成田。これ以外のルートもありますが、3ストップでエコノミーが3,000ドル以上。どのルートでもヒューストン1泊となります。

ちなみに最安はシカゴから全日空で行くルート。UAは確か、客の間引き、つまりシートを満席にしないようにしているという話で、なので高いのかもです。

現在、ネットで購入できる帰国便はこのUAのみ。帰国便が存在しているだけマシとも言えますが、アメリカ経由だと成田到着時点でPCR検査を受ける必要があり、検査のため・結果待ちのための待ち時間ができてしまうので、可能であればそれが不要なメキシコ経由で行きたいところではありますが、フライトがなければ仕方ありません。再開はいつになるか不透明ですしね。

それにしても週2〜3便をちゃんと飛ばせるくらいお客さんがいるのですねぇ。ヒューストンからこちらは、貨物はあるでしょうがお客さんは乗ってないはず。なのでどうしても運賃はお高めの設定となるのでしょうが。

細々とでも、いざとなった時に脱出可能なルートがあるというのは心強い。もっとも利用しないで済めばもっと良いかな。

とりあえずは大人しくStay Homeしているのが一番ですものね。

 

外出禁止が続くと事故が増える?

労働活動が原則禁止となり、外出禁止の時間が18時と少し長くなったおかげで、先週は私の通勤路で渋滞にあうことはありませんでした。多分、行きも帰りも少し時間がバラけたのかな?それなりに交通量はあるのですが、まあまあ走る。

ただし、その中をなぜか大急ぎで走る車との〜んびりと走る車が混在していて、運転には結構気を使います。大型車やバイクが少し遅いのはまあ仕方ないとして、そんな車の列の中をジグザグで飛ばしていく車やバイクがあるのがなんともはや。エルサル街道は70km制限で、大体私は60〜70kmの間くらいで走りますが、あっという間に追い越していく車があるんですよねぇ。80kmどころじゃなさそうな。

そのせいかどうか、最近、このエルサル街道で事故が増えています。

土曜日。

この写真、何が起こっているのか良くわからないかも。見通しの良い緩やかなカーブで2台が派手に衝突し、バス停を大破したの図。この日は他にもやはり見通しのいい通りでハンドル切り損ねて路肩に突っ込む事故あり。

本日。

こちらは車とバイクの事故であった模様。残念ながらバイクの運転手は亡くなったとか。実は本日、ここよりもう少し行ったところで、やはりバイクの運転手が亡くなる事故があり、この道路、その後しばらく上下線ともシャットダウンされておりました。

これ以外にも毎日のように派手な事故が続いており、特に外出禁止となる時間のちょっと前くらいに多い印象。デリバリーサービス中のバイカーが亡くなったこともあったし。。。エルサル街道ではないけれど、やはりこちら側からグアテマラシティに向かうあたりで対向車線で追い越しをかけた車が歩行者を跳ねる事故もありました。

こんなことになるくらいだったら、もう少し渋滞してくれていいですよ?

そう言えばこの前、私がエルサル街道を走っていた時のこと。片側2車線のこの道路、右側にはトラックが走っており、そんなに遅いわけではないけれど、左側の車線の方が少し流れが速い。左側車線を走っていた私の前にタクシーがいたのですが、右に車線変更して加速、そのトラックの後ろについた辺りで、左へ戻ろうとしたのですが、そこにはそのタクシーが追い抜いた車が走って来ており、タクシーの後ろにゴッツン。

少しへっ込んだ程度だったようですが、事故をライブで見てしまいましたよ。いや怖い。

あまり外に出ないようにと言われているグアテマラ、たまに外に出てハンドルを握るのは気分転換にもなるし、混んでいなければ少しぶっ飛ばしたい気持ちもわからないではないけれど。

運転には普段以上に気をつけないと、って思う今日この頃です。

帰ってきたリバーシブルレーン

基本、労働禁止命令が続いているグアテマラですが、そうは言ってもやらなきゃいけないことはあるわけで。そんな大切なことの一つがお給料をもらうこと。週払いの人のお給料日は今日金曜日。

給料日じゃないけれど出勤日であった今日、朝思いがけずに渋滞があり、ちょいとビックリ。もっともこれは途中で検問やってたからだったのでありました。何で検問やってたかは不明ですが、帰宅の時にもあったのでとりあえず一日中やってたんでしょうね。

もっとビックリしたのは帰宅時の渋滞。通常の渋滞ほどではありませんでしたが、それでも途中からノロノロ運転になっていて、更にビックリしたのは我が家付近のリバーシブルレーンが復活していたこと。

そのリバーシブルレーンを走ってる車からのビデオ。右側の席は助手席ですので、念のため。通常の車線がノロノロ運転なのにリバーシブルレーンはスイスイだったようです。私はこのビデオの付近は通らないので、一体どこまで渋滞していたのかは不明であります。

それにしても懐かしい。懐かしいぞ、渋滞。とちょっと思ったけれど、すぐにうんざり。どうしてこんな時まで渋滞になるんだ、ここは!

まあ。。。16時に外でうろうろしていたらタイホされちゃうからね。いやでもまだ14時過ぎたばっかりだったと思ったが。。。

それはともかく。本日はコロナウィルス陽性患者が新たに7人確認されておりますが、いずれも国外からグアテマラに帰ってきて、検疫のための隔離中であった人たちだそうです。帰ってきたのに陽性反応では辛いなぁ。感染症だから、家族にも会えないのだろうし。

現在の夕方・夜間の外出禁止令は3月31日までですが、こうやって患者さんが更に増えている状況下では解除する理由がないような。なので少なくともセマナサンタまではそのままの夜間外出禁止が続くのではないかと予想しますが、さて。

四旬節、始まる

今日はカトリック教会では灰の水曜日、四旬節の始まりの日。四旬節というのは、イースターの前の40日間の準備期間のことで、この時期には心を改め、罪の償いをすることが推奨されております。

罪と言っても刑事事件の罪みたいなものではありませんので、念のため。例えば「今日誰かの悪口を言いました」的なものも含まれます。当然償いと言っても、悪口を言った相手にわざわざ「この前悪口言っちゃったんだ、ごめん」などと正面切って謝罪して余計に面倒な状況になりましょう、というわけではなく、自分でできるささやかな我慢とか苦行とか祈祷文を唱えるとか、まあそれは人それぞれ。四旬節にグアテマラ中で行われるプロセシォン(御輿行列)を担ぐのもそういう罪の償いの一つです。だから皆大喜びで担ぐのかもだな。

初日の灰の水曜日には、教会で額に灰で十字を描いてくれます。
「あなたは塵であり、塵に帰って行くのです」。うむ、これはスペイン語の方がいいな。
“Recuerda que eres polvo y al polvo volverás.”(あなたは塵であ理、塵に帰っていくことを思い起こしなさい)。

この灰、グアテマラに来て、額にくっきり黒い十字を描いてくれるのを見て、仰天しました。日本だとほんのちょっぴりつけるだけだったので。やっぱりキリスト教が底辺にある国はこうなのね。

そんなわけで、この日は朝とか昼とか夜とか、教会には多くの人が押し寄せます。そうすると、当然起きるのが、交通渋滞。

そーなんです、グアテマラ名物渋滞。何しろカトリック教会って昔昔に建設されたものが多く、駐車場とかないのが普通。そうすると皆このグアテマラで大胆にも路駐する。路駐も一列じゃなくて二列とか時には三列とか。

そのせいなのかどうなのかははっきりとわからないけれど、今日はあちらもこちらも一日中混雑しておりました。私も久しぶりに渋滞にハマって「あー、渋滞ってこんなんだった」と少し懐かしく思った。。。わけではなくて。

ちなみに、エルサル街道民の間で話題沸騰中のリバーシブルレーン。昨日25日に関係者諸々を集めての会議が招集されておりました。

エルサル街道民の期待と不安を一身に集めたこの会議でしたが…、結局、行われなかったそうですよ!!!

サンタ・カタリナ・ピヌラのセバスティアン・シエロ市長はその頃…。

サン・ホセ・ピヌラの市長と会合。和気藹々とした感じですな。前列で握手している2人の左側(若い方)がサンタカタリナ、右側のおじさんがサンホセの市長です。

例の会合を招集した(はず)のフライハーネス市長の方は音沙汰なし。本日になってこんなのをSNSにアップしています。

「20日にエルサル街道の交通問題について話あうための会議が予定されておりましたが、サン・ホセ・ピヌラとサンタ・カタリナ・ピヌラ当局の協力を得ることができず、行われませんでした。両市長はフライハーネスとエルサルバドル街道のその他の住民の関心を無視し、両者で会合を持っていたことは周知の事実です。ここに我々は遺憾の意を表明し、グアテマラ県、通信省にこの問題の解決に向けて働きかけるよう要請します」。

「我々」って誰だ。「フライハーネス市」のタイトルで出しているコミュニケだろ。

ま、それはいいとして、ここで気になるのは一体誰がこの会合に出席したのだ、ということと、誰がどうやって各当局に連絡したんだ、ってことですかね。大体、最初にやるべきなのは、市長同士で話し合うことであって、いきなり県に話を持っていくのは違うと思うのだけれど。

日に日に高まる市民の不満を前に、フライハーネス市がもう一つアップしたのがこちら。

「明日はリバーシブルレーンがあります!」(ただしフライハーネス橋の上)

フライハーネス橋はエルサル街道にある立体交差の上側で、エルサル街道を横断する人たちのためにリバーシブルレーンが設けられているのだそうです。つまり、多くの人が心待ちにしているエルサル街道本線のリバーシブルレーンではないのだけれど、そこまで読まずに大喜びしている人がいるっぽい。

そんなことしたら、明日の朝は罵声が飛び交うのでは。。。

他人事ながら、ちょっとフライハーネス市の動きから目が離せなくなって来ましたよ!

渋滞についての最後の手段は「これは四旬節のペニテンシア(罪の償い)なんだ」と皆で開き直ることですかね。もっとも、カトリックとか一部の人にしか通用しないけれど。

リバーシブルレーン その3

リバーシブルレーンのない日、その3。この3日間とも今までの朝の渋滞が嘘のようなスイスイ道路になってしまったエルサル街道。と言うか、これが本来の姿だったということなのか。誰か私の5年間を返してくれ。

それにしても、どれだけたくさんの車がもっと上流からどんぶらこっこと流れて来ているってことでもあり。

こちらはFacebookで行われたリバーシブルレーンの賛否を問う投票の結果。

アンケート数が5500人!で「ない方がいい」が49%、「あった方がいい」が51%。こんなに半々に分かれるとはねぇ。

昨日はサンタ・カタリナ・ピヌラの市長がヘリコプターで上空から優雅に渋滞の中を走り回る庶民を視察。

写っているのはエルサル街道、ムシュバル街道、グアテマラシティからサンタカタリナを通ってフライハーネス辺りまで。いやまあ広告多くてぐちゃぐちゃですな。

一方、住民の大部分が今は亡きリバーシブルレーンの愛用者であったと思われるフライハーネス市の方は、ずーっとダンマリを決め込んでいたのですが、先ほどこちらをアップ。

「明日はフライハーネスの立体交差のリバーシブルレーンはありません!」。

吉と出るか凶と出るか。

フライハーネスには特殊事情がありまして、エルサル街道からフライハーネスに行く道に入り、その先市街地から外れる方角へ曲がったところに私立大学があります。エルサル街道のフライハーネスとは反対側には私立校が数校あり、朝の時間帯は大学やら学校やらへ行く車が立体交差を縦横無尽と言うか四方八方に走り回るのですね。それが現在の渋滞の一因となっているための措置だと思うのですが、利用する人もまた多かったはず。皆がんばれ。

ちなみにサンタカタリナ市長によれば、ノーリバーシブルレーンデーは、1ヶ月続けてみてデータをとり、過去1ヶ月間、リバーシブルレーンがあった時に取ったデータと比較するのだそうです。それってグアテマラっぽくないぞ(笑)

でもこう言う変化は大歓迎ですね。この壮大なる実験に参加するのが何だか楽しくなってきた。

まあそれは多分、渋滞がないから、なんだろうけれど(笑)

 

リバーシブルレーン その2

さて一夜明けて月曜日の朝。一体全体どういうことになるのかさっぱりわからないエルサル街道民は、とりあえず早目に家を出ることにしたようです。かく言う私も普段より15分早く家を出たのでありましたが…。

なんと。

渋滞どこいったのー!!!

通勤時間帯ですから交通量は多いのですが、いつになくスムーズに進むではありませんか。あれよあれよと思う間に職場についてしまって、「ちっ、早く出てくるんじゃなかった」と思いながらカフェでお茶したのでありました。

そう感じたのは私だけではなかったのですが、一方、通常の倍以上と言う過酷な通勤・通学を強いられた人もい多様です。

言葉だけでは説明しにくいので、一念発起して地図を作ってみましたよ。
mapa
こんなお絵描きしたのはいつ以来だ(笑)

超簡略版ですが、真ん中を左右に走っているのがエルサルバドル街道。サンホセピヌラ、オルメカ、フライハーネスからはドドッと車が流入します。クリストレイへからはやってくる車もあればそっちへ行く車も多々。ムシュバル街道へ向かう車は、クリストレイ側に入ってその先で左折し、立体交差でエルサル街道を超えてムシュバル街道へと入ります。

我が家はオレンジの丸の辺り。赤い楕円のショッピングモール付近でターンして西へと向かいます。

リバーシブルレーンはフライハーネスかその向こうからやって来る人たちのために設けられているもので、出口と言うか合流地点はこの地図の左端。距離で言うと5〜6kmくらいですか。

問題は、この合流地点が大渋滞すること。特に、交通警察がリバーシブルレーンから来る車を本線に入れることを優先していたため、リバーシブルレーンを使わない人たちにとってはここがボトルネックになってしまっていたのでした。

リバーシブルレーンが無くなって渋滞にハマっているのは、当然以前は恩恵を受けていた人たち。サンホセピヌラ、オルメカ辺りの人たちは渋滞解消されたと言う人の方が多いようです。かと思うとオルメカとフライハーネスの間、エルサル街道の反対側はサンタカタリナピヌラ市なのでありますが、フライハーネスのところで折り返すため、大渋滞組の仲間入り。

明暗がくっきりと分かれてしまったために、SNS上では喧々諤々の議論・討論、時には仁義なき喧嘩が繰り広げられております。

極め付けはサンタカタリナの交通警察。

「これからしばらく、朝のリバーシブルレーンはありません!」。

なんと!!!

ええっと、私は嬉しいですけれどもね。

さらに続く