Category Archives: オデブレッチ事件

アウトゴール

今日の主だったニュースは今のところ2つ。

1つは外務省からの「新しいCicigコミッショナーリストを至急送れ」という一方的な通告に対し、国連は「コミッショナーを変える理由がない」と軽く一蹴したのみならず、「コミッショナーは(グアテマラにいることができる)補佐を任命することができる」と付け加えてきたのでありました。政府的にはオウンゴールだよね、これ。

この補佐の任命権はイバン・ベラスケスにあるというわけで、当然SNS界隈は「テルマ・アルダナ(前検事総長)」「フランシスコ・リバス(前内相)」「フランシスコ・フォッパ(前国税庁長官)」などなどと姦しい。誰がなるのか、楽しみだな。

もう1つは、9月16日の憲法裁判所の「Cicigコミッショナーの入国を妨げるな」という決定に関連します。この時の決定が「イバン・ベラスケスの入国を妨げるな」と名指しではなく「Cicigコミッショナーの入国を妨げるな」というものだったため、大統領とその仲間は「イバンの馬鹿はもうコミッショナーじゃないからさっさと次を任命しろ」という無茶苦茶な(というか必死な)要請を行っていたわけですが、これについて、「コミッショナーとは誰の事を指しているのか明らかにしてほしい」という保護請求が再度提出されていました(まったくもう面倒くさい人たちだな)。

当然といえば当然なのですが(理解できないのは大統領とそのお友達だけ)、憲法裁判所は「コミッショナーであるイバン・ベラスケスの入国を妨げてはいけない」と当該コミッショナーは誰なのかを確認しております。「この決定に従わない場合は、法的措置が取られる」とこの点もクリアーにしています。

さて今度こそ、イバンは帰って来られるのでありましょうか。

それ以外では、昨日フランシスコ・サンドバル検事がサンドラ・ホベル外相について「私には告発義務がある」と検事総長に訴え出た件は、検事総長が担当検事局(昨日夜だったので、当番検事局でしたが)に送り、そこから公務員犯罪検事局に転送されて捜査が開始しています。

また、16日の憲法裁判所の記者会見席上、その場にいる新聞記者らの写真を携帯で撮っていた女性がおり、問い詰められて「テレビ局で研修をしている」などと言いのがれていたのにその場から逃亡、憲法裁判所の警備に当たっていた警官らがその女性を通したことから警察官ではないかと疑われていました。なお、この人物は外に出るとナンバープレートのないバイクで走り去ったのですが、肝心の携帯を落としてしまい、現在これも検察が捜査を行っています。

この事件で、今日内務省次官が「あれは憲法裁判所から警備を頼まれていたからだよ」というまったく意味不明の弁明をし、憲法裁判所から「ウチが頼んだのは外の警備だってば」と反論されているという有様。でも、これって逆にあれは警察官だったってことを認めたことになるんじゃ。。。近頃の警察官ってのはナンバープレートのないバイクを乗り回しているものなんですかねぇ。

もう一つ付け加えておいた方が良さそうなのは、昨日朝、閣議が行われたのですが、この時「Cicigを廃止する」という閣議決定が合意されたという噂があること。副大統領のハフェット・カブレラは閣議決定の存在を否定していますが、噂によれば、この閣議決定はやはり昨日の朝アメリカから流れてきた「マヌエル・バルディソン(元大統領候補)がマネーロンダリング容疑でFBIに逮捕された」というニュースにビビってお蔵入りになったのだとか。いかにもチキンなこの政府ならありそうな話すぎて、本当にしか思えません(笑)

バルディソンはグアテマラ国内での汚職容疑(オデブレッチ事件)で逮捕命令が出ていますが、ニカラグア経由でアメリカに逃れようとしたところ、アメリカのビザが失効していて不法入国として逮捕。当初は政治的嫌がらせを受けていると亡命申請をしていましたが却下され、本当なら先週のうちにグアテマラに強制送還されているはず、でした。それがどこでどうしたのか、送還が延期となり、気がついたら逮捕されていたという。これがグアテマラに対する警告だったというんですよね。

実際問題として、あの憲法裁判所の決定を理解できなかった人たちに、こんなわかりにくいメッセージが伝わるのかと言われると甚だ疑問ではありますが、アメリカ様のおっしゃることには妙に素直なのもまたこの政府の傾向ではあります。国連には歯向かうけれど。

そして明日20日は、大学生らの呼びかけによるデモ行進が行われます。他の大学の学生(大学ではなく)や一部学校、商店などもこれに呼応し、首都のみならず地方都市でもやはりデモ行進が行われる予定。

それに先立ち、サンカルロス大学の学生らが防衛省、検察庁、最高選挙裁判所の前でデモしておりました。検察庁と最高選挙裁判所の前にいたのは、小僧が所属する工学部のリーダーたちであった模様。

この制服というか、KKKのようなこのスタイル、私は好きではないのですが、アイデンティティーを隠す内戦時代の遺産です。黒とグレーのツートンカラーが工学部。工学部生ならみんなこの覆面をしているというわけではありません。一部の学生が参加している部活的なものとでも言ったらわかりやすいですかねぇ。

笑っちゃったのが、最高選挙裁判所(TSE)では先方から「話を聞くから中に入って」というまさかの対応にあい、数人がゾロゾロと入っていくとちんまり座って対話をしていたという。その写真、なんとも笑えます。TSEやるな(笑)

おまけ。先々週だったか、こんな夢を見たことがあります。見たというか、ラジオのように映像がなくて音声だけ、でもクリアーに「モラレス大統領の辞任の後 (tras la renuncia de Presidente Morales)」と聞こえたのでした。目が覚めた時、これって本当のこと?と一瞬思ったくらい明瞭だったのですが、果たして正夢になるのか。

グアテマラシティで行われるデモ行進のルートはこちら。

アルコール禁止、政治的プロパガンダ禁止、覆面禁止、武器禁止、塗料禁止。守られる気が止ない(笑)

なお、宿題が溜まっている我が家の大学生は明日は「行きたいけれど。。。」だそうです。

政府の出方が心配ですが、参加する人たちにとって、暴力行為の一切ない、良い1日となりますように。

オデブレッチ事件 シニバルディ

1月もとうとう最後の日。我が家付近はこの時期夜は霧がかかったり曇りがちなことが多く、折角のスーパームーンも満月もちーっとも見えないのでありますが、まれに晴れる日があると見える星空は綺麗です。ただし、そういう日は冷え込むのであんまり長く外にいられないのですが。

そう言えば今日は大統領や与党の議員が会合をもったそうですが、その場所がなんと拘置所。それもマタモロスという軍施設に作られたVIP様専用拘置所で、SNS界隈のスズメたちが、ピーチクパーチクと喧しい。ま、そりゃそうだわな。なんでここ?軍事施設でプレスは入れないから安心!ってことなんだろうけれど、どっちかというと皆、将来のために牢を予約しに来たんだろ、って思われるよね。

上はグアテマラ版虚構新聞のツイート。「緊急速報!モラレス大統領と与党議員がマタモロスで会合。拘置所内のどの場所、どの部屋、どのベッドにするかを決めていた模様」。

さて、オデブレッチ事件の本題にやっとこさ入りたいと思います。今回の摘発は、既にブラジルで有罪となっているオデブレッチ社の幹部2人の証言が元になっているとのことですが、証人の名前は明らかになっていません。

グアテマラ側の最初の登場人物は元通信相のアレハンドロ・シニバルディ。シニバルディはオットー・ペレス政権時の通信相でしたが、長官に就任する約1ヶ月前の2011年12月にオデブレッチの幹部と初顔合わせ。その初対面の席上で、CA-2の拡張工事を発注するから、見返りとして発注額の7.5%を払ってほしいと話したのだそうです。

こうして両者は合意に至り、2012年10月に工事の請負契約が結ばれ、2013年6月に着工となります。既に銀行の融資もおりており、グアテマラ政府はオデブレッチに第1回目の支払いを実施。なお、最終的に、グアテマラ政府からオデブレッチへの支払いは2013年6月から2015年4月までの22か月の間に7回行われていますが、シニバルディまたは通信省の次官であったルベン・メヒアが財務省長官であったパベル・センテノ(2016年10月28日に検察が家宅捜索に訪れた際に自殺)に指示して支払いを行っていたのだそうです。

シニバルディはアンティグア・バーブーダのMeinl Bank(本社オーストリア)にオデブレッチからの金を受け取っていました。この賄賂は正当な発注金額にプラスされていたので、オデブレッチの懐が痛むわけではまったくなく、グアテマラ政府のお金がまわりまわってシニバルディのポケットに入っていたというのが実情だったのでした。

余談ですが、この賄賂の金のことをラテンアメリカのスペイン語ではcoima(コイマ)とも言うのですが、元々の意味は「結婚しないまま男性と生活をともにする女性」なんだそうです。それが「公務員のための賄賂」という意味になっている辺り、ここいらでは元々は金ではなく女性が賄賂だったのか?なんて思わずにはいられません。

こちらはシニバルディが不正に得た金で得たと見られているアンティグアの家。この家は検察が差押えているらしく、その内正式な手続きが取られて没収→国のものとなるだろうと見られます。もちろん、シニバルディ側は正当な所有権を主張することはできるのですが、当の本人はただいま国際指名手配中ですしねー。

続きます。

オデブレッチ事件 未完成の道路

グアテマラのオデブレッチ事件について続ける前に、オデブレッチが受注した道路拡張工事はどうなっているかを書いておくことにします。

2016年5月30日、エル・ペリオディコ紙が報じている記事をかいつまんでみます。

CA-2号線のコカレスからメキシコ国境のテクン・ウマンまで、総延長140.44kmを片側1車線から2車線にするというこの拡張工事、総工費は384.3百万米ドル、工期は36ヶ月という契約で2013年6月に着工となりました。

しかし2016年5月、オデブレッチ社は6月4日で工事を中断すると通告してきます。実際にはこの工事、そのかなり以前から中断していたようなのですが、その時点で完成していたのは46km、約1/3でした。一方、グアテマラ政府がオデブレッチ社に支払ったのは275.7百万米ドルと7割強。

なんで???

と普通思いますよね。

この時点でオットー・ペレスやロクサナ・バルデッティやらアレハンドロ・シニバルディといったあたりは汚職に関わったとして逮捕されたり指名手配されていましたから、それにオデブレッチと来れば、誰もが「はは〜ん」と来るでしょうが、どういう仕組みになっているからこの工事が進まないのかは良くわからない。

エル・ペリオディコ紙は通信相や道路局長に事情を聞こうとしますが、先方は逃げ回っており、回答なし。5月25日に通信相のアルド・ガルシアは市民行動党(AC)の国会議員から呼び出しを受け、道路事情全般について質疑応答を行っています(参照)。その時CA-2について、「テクン・ウマンまでの工事費のはずだったが、第一工区の分しかないことに気づいた」と話しています。

この方、1月末だったか2月頭だったかに長官に就任し、4ヶ月かけてそのことに気づいた、ってことなんでしょうか。ちょっと待て。。。

なお、先ほどのリンク先には「道路のための予算は年間270百万ケツァル(約37百万米ドル)で、お金が足りない」と言ってたそうですが、5月からの雨で道路の状況が悪化しているのに保守をする様子もなく、批判が上がった時期ではなかったかと思います。「足りない」っていうのは使ってから言えよ!それともこの人もお金を自分のポケットに突っ込んでいたのかしら。。。

なお、CA-1の拡張工事は3つの工区に分けられています。

  • スチテペケス県コカレス市 − スチテペケス県マサテナンゴ市 48.64km(35km完成)
  • スチテペケス県マサテナンゴ市 − ケツァルテナンゴ県コロンバ市 42.9km(3km完成)
  • ケツァルテナンゴ県コロンバ市 − サン・マルコス県アユトラ市テクン・ウマン国境 48.9km(10km完成)

マサテからコロンバ間というのはCA-2でも大きな町が続く区間で、工事が進まないのはわからないでもないですが。

なお、記事によれば、工事の遅れの原因として、融資元の一つである国立ブラジル社会経済開発銀行(BNDES)と前年に交わされた契約では、融資額がケツァル建てではなく米ドル建てであり、しかも換算レートが実際のレートではなく2010年の頃の$1=Q8.00で計算されているから実際に目減りすること(でも、海外からの融資って、レートはともかく普通外貨建てじゃないの?)、融資の条件として「ブラジル産の資材を使うこと」という一文があるため、安い国内の資材ではなく高いブラジルの資材を使わざるを得ないことなどなどが挙げられています。

そして、道路が完成していないのに、融資の返済開始時期がせまっているが、これってどうなのよ?という大きな疑問符付き。

2012年10月11日、国会で緊急議題として取り上げられ、全国会議員の2/3以上の賛成を得てBNDESと中米経済統合銀行(BCIE)からの融資が承認されています。

緊急議題!!!誰にとっての「緊急」だったのか。。。というのが明らかになったのが先日の検察・Cicigによるオデブレッチと政府間の汚職の摘発だったのでした。

オデブレッチ事件 序

日本ではあまり大きなニュースとなっていないようですが、ブラジルのコングロマリットであるオデブレッチ(Odebrecht)は、2016年アメリカで汚職に関与したとして幹部が何人も逮捕されました。それ以降、米州のみならずアフリカでも汚職に関わっていたとして多くの国で政治家が逮捕されたりするなど、大きなスキャンダルとなっています。前職・現職の大統領にも贈収賄に関わったと指摘される人もおり、まだ当分は各国で大きなニュースとなるのでしょう。

さて、グアテマラにもこのオデブレッチ社がありまして、CA-2(中米道2号線)、すなわち太平洋側をメキシコからエルサルバドルに抜ける幹線道路の一部区間(コカレス−テクン・ウマン、140km)の拡張工事を受注していました。着工は2013年オットー・ペレス政権時でしたが、2015年から頓挫しており、完成したのは43kmのみ。

2016年に就任した現政権の通信相は、この道路をそのまま放置してしまったものですから(曰く、書類の精査を行った後、オデブレッチと契約解消のための交渉を行っており、それが解決しないと手を出せないのだとか、ふーん)、この重要な幹線道路は傷む一方。グアテマラの中でもこの道路は極めて状態の悪い道路となっていました。

オデブレッチが汚職で摘発され、その後も各国で続々と汚職に関与が明らかになって来ると、当然、グアテマラのこの受発注も・・・と誰もが思いますよね。特に、当時通信相であったアレハンドロ・シニバルディは、2016年に公金を当時のオットー・ペレス大統領やロクサナ・バルデッティ副大統領へのバースデープレゼント購入のために流用した(オットーさんへのプレゼントはヘリコプターでしたっけ。それを閣僚が割り勘して払っていた。。。と思ったら公金だったのですね)として既に逮捕命令が出ており(現在は国際指名手配中)、その後は道路工事の発注に関する汚職事件でも名前が出ていましたから、オデブレッチとシニバルディなんて、きっとズブズブの仲だったに違いないと思われていたわけですが。。。

それがやっぱりそうだったというのが、グアテマラのオデブレッチ事件。先週末にシニバルディ及び元国会議員で大統領候補であったマヌエル・バルディソンについて逮捕命令が出ています。

ふー。ここまでが前置き。

次回はグアテマラのオデブレッチ事件の欲深な政治家たちについて、昨日検察庁で行われた記者会見を元に書いてみたいと思います。