Category Archives: いろんな町とか

2つのグアテマラ

スペインの新聞エル・パイスのデジタル版より。

「グアテマラは2つある。そしてこれは食べない方のグアテマラだ:この中米の国の住民の23.4%は基礎食料バスケットに必要な収入をえていない。気候変動が収穫に多大な影響を及ぼしている農村地域では事態は深刻だ。これは飢えるグアテマラである」。

このツイートの写真をクリックすると本文記事に飛ぶので是非ご覧頂きたいのですが、グアテマラでも特に深刻な子どもたちの栄養失調が起こっている東部の乾燥回廊地帯、チキムラ県のカモタンとホコタンの農村地域。2012年以降、毎年のように降水量不足のために農作物が不作となり、特に乳幼児の栄養失調が深刻となっている地域です。

度々書いているように、首都圏を含む中部や西部は9月後半から10月にかけては多雨、ただし雨季の前半は少雨傾向でしたから、決していい気候であったわけではないのですが、まあそれでも何とか。枯れてしまったトウモロコシ畑や実の入らないトウモロコシの穂は、何とも悲しい写真です。

ではありますが、貧しい家族の写真でありながら、何ともほんわりと暖かな気持ちになるのは、笑顔があり、その日その時をしっかり生きている人達がいて、そういう姿を写真がしっかりとらえているからなのではないかと。中の人たちを応援したくなる写真です。

19枚目、ホコタン栄養改善センターの医師は「毎年100人くらいの子どもたちがここに来ます。ここにやって来るのは中度・重度の影響失調の子らですが、家の近くで治療を受けていたけれど状態が良くならないのでここにやって来る子もいます。今年は増えていますね。ベッド数は15床なのですが、ちょっと定員オーバー状態です」とコメントしています。家を離れて子供を連れて来るだけでも大変ですが、入院する子に付き添って家を何日もあけざるを得ないのもまた大変なことです。

それでもこのセンターや様々な団体の支援により、栄養失調が改善される子らもいるのは嬉しいことです。それが20枚目、最後の写真。タンパク質不足によりクワシオルコルを発症し足が腫れて歩くことも困難だったそうです。父親の付き添いで1ヶ月間入院しほぼ回復、もうそろそろ退院できそうなエルサちゃんとお父さん。いい写真です。

大雨のミスコ

昨日は正午ちょっと前からバケツというかドラム缶を引っ繰り返したような大雨となりました。通常なら、しばらく降って止むのですが、昨日は少し弱くなったものの降り続き、しばらくしたらまたドラム缶、また弱くなったかと思ったら三度ドラム缶…。首都圏を中心として嵐のような天気だったのでありました。

被害がひどかったのがグアテマラシティの西隣ミスコ市。エル・ナランホ通りでは一部で排水が追いつかず、即席の池の出来上がり。

排水口がゴミで詰まっていたのが原因とか。雨が激しかった時バイクも流されそうな勢いでした。この雨が理由かどうかは知らないけれど、この場所、今日はミスコ市が舗装工事をしていた模様。

水が溜まっている時にこんなデコボコな路面を車で通るの怖いじゃないか…。再舗装というよりは、取り急ぎのパッチワーク。交通量の多いところなので、取り急ぎの作業ということなのでしょうが。

同じくミスコ市の別の地区では道路陥没。

こちらは排水溝にゴミが多く、下水管が破損したのが原因。まあグアテマラの排水溝と言えば、ペニーワイズもびっくりの、ありとあらゆるものが出てくるブラックボックス。ベッド用のマットレスとかタイヤとか、一体どうしたら排水口に突っ込むことができるんだろう?と思うようなものがたくさん詰まっているのでありますから、下水管だって溜まったものではありません。

こちらが今日の同じ場所。ミスコ市曰く、下水管はこの場所だけではなく、この枝部分を全部取り替える必要があるのだそうで、工事費は約2400万ケツァル(300万ドル強)と見積もられていますが、ミスコにはそんなお金はない模様。同じ場所ではありませんが、この付近では昨年の今頃も同じような陥没が起こっており、歴史は繰り返す感が半端ありません。

…と言うけれど、実はミスコってサッカークラブを持っているのですが、今シーズントップリーグに昇格し、めぼしい選手を何人も契約して元いた選手もそのまま契約しているから、グアテマラの中でもちょっと給与の高いクラブとなっています。それが市の金庫から出ており、それにもかかわらず熾烈な最下位争いを繰り広げているのですから、何をか言わんや。

もっとも、選手もクラブもまとめて売り払っても、2400万ケツァルにはならないと思うけれど…。

雨季になると、こういう排水溝のトラブルを避けるために、どこの市でも排水口の清掃を行うのですが、それが間に合わなかったのか、それとも雨が激しすぎたのか。どちらにしても、大変なのは付近の住民。今回の陥没、元に戻るまでには結構時間がかかりそうです。何よりもまず、雨が止まないと、ですよね。

例によって気象庁は雨が降り出した後に「この雨はあと数日続く」と発表したのですが、発表すると雨があまり降らないのもいつもの通り。気象庁には「激しい雨が降り続く」と言い続けて欲しいものですが。

操業停止に追い込まれた水産加工会社

グアテマラ南部の太平洋岸にチャンペリコという漁師町があります。ここにはエビの養殖・加工を行っているノバグアテマラ(NOVAGUATEMALA)という会社もあるのですが、ペスカノバ(PESCANOVA)というスペインに本社のある海産物加工会社(缶詰の生産など)のグループ会社。ノバグアテマラの従業員は1,300人、その内80%が女性。チャンペリコ市の経済と雇用を支えていると言ってもいいんじゃないかしら。

さてそのノバグアテマラが、先日操業停止を発表しました。原因はなんと恐喝。いつからとか誰から、という話は明らかになっていないのですが、恐らくパンディーヤグループが金を要求しており、ノバ側が拒否したところ、警備責任者と会計担当者が殺害され、それを期に何人もの従業員が退職。恐喝犯の方は「金を払わないと15日ごとに3人殺す」と言っており、会社側は表向きには「保守のため」という理由で操業を停止したのでした。

何でも7月から刑事らが会社に潜入捜査をしており、警備も強化されているそうなのですが、現在のところ恐喝犯逮捕には至っていない模様。というわけで、会社側は操業停止。

もっともこれは、事を大きくして内務省・警察に本気を出して欲しいからでは…と思わないでもないです。

パンディーヤの主な収入源である恐喝は、手を汚さずに大金を手に入れられる美味しい商売でもあります。金を支払わない企業の従業員が殺されることも少なくなくありません。恐喝の電話をかけるパンディーヤのボスクラスは刑務所の中におり、集金や殺人は手下が行うという分担。企業の中にはこの恐喝に支払う金額を予算化し、何らかの方法で会計処理しているところもあるそうです。

いやいやまったく。こういう状態でありながら、市民の安全を担当するはずの内相は、そんなことそっちのけでアメリカに行き、「安全な第三国」にサインしちゃうんだからまったく謎。自分の仕事してろってんだ、べらんめえ。

チャンペリコは美しい海岸でも良く知られており、グアテマラの西側の人たちが多く訪れる場所でもあります。そんな町の企業が脅されているということは、地元の商店なども例外ではないはず。何ともいやな事件で、将来を心配する人も多くいると思います。

しっかりしてくれよ、警察。まったくもう。

パナハチェル日帰り その2

先日パナハチェルに行った時、どうも人が多いと思ったらこんなものが。

Panajachel

祭り!!!

桟橋から湖岸に沿って東へ、サン・フランシスコ川口に観覧車が2つ。近寄らなかったので、何があるのかは不明ですが、たくさんお店が出ている模様。そして当然車もたくさん、更には大型バスもたーっくさん川岸に駐車していました。

Panajachel

グアテマラ名物チキンバス。シェラとかマサテナンゴとか、近隣というにはちょっと遠いところからの日帰りツアーでしょうか。そんなバスが何台も泊まっていました。中にはエルサルバドルナンバーのバスも。。。

今は乾季で川の水位は最低レベルですが、それにしてもこの川岸の大量の砂利。以前はもっと川幅あったと思いますが、すっかり砂利に覆われてしまっているようです。雨降ったらどうなるの…

Panajachel

同じ場所から川口側を眺めたところ。ここって浚渫工事しないの???手作業で石を採取している人たちは常にいるのですが、上流から流れてくる量の方がはるかに多い、供給過多となっている模様。大量の雨がどっと流れてきたらちょっと嫌かも〜。

大量の人と車に辟易しながらパナの市街地を2時間くらいブラブラ。家を出た時は寒いくらいだったのでうっかりしていましたが、そう言えばここって陽射しが強くて暑いんだった。というわけで、年甲斐もなく?すっかり日焼けしてしまったのでした。

セマナサンタだから周辺から多くの人がやってくるだろうとは思っていたのですが、想像を絶する多さでした。それでも昨年より少ないとか。そうなの?

取り急ぎ用事を済ませて昼過ぎに退散したのですが、パナから出る道も渋滞ならば、パナへやって来る道はとてつもない大行列。朝早く出てきて良かったと痛感したのもつかの間。

首都へ向かう途中、どこかのレストランかカフェで休憩を…と思ったのですが、どこもかしこも超満員。いつも通るチチョイというカフェレストランは行列ができている超超満員で、休憩なしでそのまま戻ってきたのでした。お陰で?首都圏での渋滞には合わなかったから結果オーライということかな。

それにしても、セマナサンタはやっぱり自宅でゴロゴロするに限るわーと思ったのでありました。

パナハチェル日帰り その1

昨日の聖土曜日は、用事があってパナハチェルまで日帰りしてきました。往復で320km。不可能ではないけれど、やっぱり日帰りは大変。。。しかもイースター休暇期間のこの時期、パナは観光客でごった返しなのは予想できたので、とにかく朝早くスタートすることにして家を出たのが6時15分くらいだったか。。。朝は結構冷え込んで寒い日でした。前日派手に雨降ったしね。

聖土曜日はイースターウィークではもっともプロセシォンの少ない日です。この日に決めたのはそれが最大の理由です。だって途中でプロセシォンにかち合ったら、とんでもなく時間かかりますもんね。おまけに、このイースター前にチマルテナンゴ・バイパスが遂に開通。10kmもない区間が大渋滞するチマルテナンゴを横目に、大きくウネウネと迂回する山道ではありますが、片側2車線で全長14kmでスイスイスイと進めるのはありがたい。ここで30分以上時間を短縮できることになります。ただし、山を切り開いただけで、土留めがされていない区間も多く、雨降ったらどうなるんだこれ。。。というのは気になりました。中央分離帯もまだできていないところがあったり。とにかくイースターのバケーションシーズン前にオープンさせるんだ!ってことなんでしょうが、いいのかしら。。。一方で、今までお目にかかったことのない、新しい風景が見られるのも嬉しい。アグア火山なんかがくっきり見えていたりして、路肩に止まって眺めている人も多々。

一方、本線のCA-1、パンアメリカンハイウェイの舗装状態は最悪。新しい道路を建設するのはいいけれど、この幹線道路のメンテはどうなっているんだー。特にテクパンから先のルートはコンクリート板にヒビがあるのみならず、ところどころ粉々になっていたり穴が空いていたり。飛ばすな危険、という感じ。数年前からこんな状態で、時折アスファルトで穴埋め修理しているのですが、全然間に合っていないようです。

更に。ソロラを通過してパナへ向かう区間が途中から渋滞。これがパナの入り口で徴収している「通行料」のせいでした。これ、ソロラの出口でも徴収していて、各自治体がやっている恐喝みたいなものですよね。通りたければ支払え。でもこれって、以前憲法違反って判断がくだされていませんでしたかねぇ。。。

そんなこんなでブツブツ言いながらも、途中朝食寄り道を入れて10時頃にはパナハチェル到着。いや暑い!メインストリートであるサンタンデール通りも人混みでしたが、湖周辺は人が溢れかえっている状態。わーお、こんなパナ見たの超ひさしぶりな気がする。

Atitlan Lake

写真は数年前にアティトラン湖に出現した遊覧船。10分で6kmだったかを一周りして帰ってくるんだそうです。Q10というお値段はリーズナブル、なのかな。ただし、待ち時間が結構あるっぽい感じで、客寄せの声がメッチャ煩かった。風光明媚な湖の雰囲気台無しだなー。

続きは後日。

アティトラン湖でランチャが転覆

朝から北風がぴゅーっと吹き抜ける寒い1日。今シーズンの最低気温だったようです。雨が止むと間も無く寒波。これで常春とかいうのもなんだかな、と思う時期でもあります。

そんな強い風に煽られたのか、アティトラン湖でランチャ(モーターを積んだボート)が転覆、3名が亡くなるという事故がありました。ランチャはサンティアゴ・アティトランを出発し、パナハチェルに向かっていたそうですが、パナハチェルの5kmほど手前でショコミルと呼ばれるこの湖特有の風に煽られて引っくり返ったと見られています。

アティトラン湖は山間の火山湖で、普段は湖面も穏やかですが、普段でも日中には水の蒸発により気流が起こり、風が発生するのですが、それにこの時期特有の北風が加わるとかなり波も高くなります。

乗客の話によれば、11時頃にはすでに波も荒く、水がランチャの中に入ってきていたのだとか。乗客の中に医師がいたのですが、彼が職場であるサンティアゴ・アティトランの病院の仲間に「消防に連絡してくれ」と要請をし、そのお陰で初動が早かったようでした。

アティトラン湖では近年このような事故は起こっておらず、ランチャには救命胴衣や浮き輪といった物もなし。でもこの湖、中央部は深いし、水は冷たい。おまけに観光客がわんさか訪れるところですから、本来なら行政が予防措置をとっておくべきなのでしょうね。

グアテマラを訪れる人が必ずといっていいほど訪れるのがこのアティトラン湖。ランチャに乗る方は、救命胴衣の有無の確認を、と今頃政府が呼びかけていますが、そんなの積んでるランチャが存在するのか。。。

謎。

死者の日余談

11月1日はサンティアゴ・サカテペケス、その後スンパンゴへと行ったのでしたが、たまたまどちらにもジミー・モラレス大統領がやってきたのでした。

サンティアゴの方は、到着した時点で大統領警護隊(SAAS)の車などがあったので「ん?」と思ったのでしたが、墓地近くには舞台が用意されており、「あー」となったのでした。

DSC07811

政府とガーヨ(ビール)のロゴ入り凧が両側にあるという不思議なステージ。音響チェックとかやってました。手前の竹は大凧の骨組み。ここに大凧を設置するので一生懸命作業中でした。大統領来るまでに終わらせないといけないしねー。

この後、そろそろ集合時間だったので市役所前で待っていた時、バババババババとヘリコプターがやって来ると、なぜか大統領が市役所前にやって来たのでした。

DSC07848

えっとー、写っているのは護衛の人。大統領はどこだ。私は反対側のベンチに座っていたのですが、「大統領です」というアナウンスがあって、大統領がその場に現れたんだけれど、確か手を振るくらいで何も話さずにその場を去っていったのでした。何しに寄ったんだろ。

その後、墓地のところのステージでは当然スピーチしたそうですが、ブーイングを浴びて35秒で終了とか。音響テストの方がずっと長かったってこと?

さてさて、スンパンゴに移動し、人混みをかきわけ、かきわけしているところにSAASの人が反対側からバラバラやって来たのでした。「えー」と思っていると本人登場。私の少し前にいた方がお子さんを前に出して、大統領に握手してもらっていました。こういうシーンはさすがにいい感じなんですよね、ジミー。

DSC07861

VIP席に到着して挨拶。拍手とブーイングのどっちが多かったかな?ここではスピーチしてませんが、その用意もしてなかったようですし、元々予定になかったんじゃないかと思います。つまり、これは、休暇なのか?

DSC07869

スンパンゴには汚職反対凧もあり。美しいだけではなく、メッセージを込めるものでもあり。もともと、亡くなった人との通信手段であったことを思えば、メッセージを込めるというのは、存外、本来の使い方なのかもしれません。