Daily Archives: April 2, 2020

コロナウィルス対策の陰で

最近はコロナウィルスを中心に動いているような感じのする世界ですが、ラテンアメリカ諸国はほぼほぼ全日とか夜間の外出禁止ですとか労働活動の停止を打ち出しています。国境も陸路では閉鎖されているところが多く、空路は開いていても飛行機がないとか、どっちにしても外国人はお断りとか、そんなところがほとんど。

外国人の入国をお断りしていないのは、今のところメキシコとニカラグアとスリナムとガイアナと仏領ガイアナだったかな。あ、あとウルグアイもかな。感染者数の少ないニカラグア、スリナム、ガイアナ、仏領ガイアナは外国人がいない&国民が外国へ行かないのだろうと思われる。メキシコは3月31日になってようやく労働活動の停止を打ち出していますが、グアテマラにいる外国人にとっては、メキシコ国境が開いているお陰で帰国できるという一面もあり、お願いだからメキシコ、このままうまいことコントロールしていってちょ。と思う日々ではあります。

一方、グアテマラに帰ってくる人たちもこのメキシコ国境から来るわけですが、このところ毎日のようにメキシコから不法滞在で強制送還されてくるグアテマラ人の一行がグアテマラ国境からバスで移動するのはいいのですが、途中ケツァルテナンゴに着いたところで現地解散!となってるらしく、地元の人が怒りまくっているのでありました。

原則、現在国外から入国している人は検疫措置となるのですが、強制ではなく自主検疫、つまり自宅で自分で隔離することになります。

しかし、公共交通機関がない今、しかも皆が皆ケツァルテナンゴ周辺の人たちでもないでしょうに、どうしてケツァルテナンゴで解散するかな。ケツァルテナンゴの人たちにとっては、そんな人たちが何人もうろうろされるのは、そりゃいやでしょう。大体隔離にならないし。

大統領のリーダーシップや先手を打っている対策は素晴らしいと思うのだけれど、その下がなかなかついていけないのが現状。おそらく国境で体温を測ってはいるのだと思いますが、本来ならここはまとめてどこかの施設で隔離して頂きたいところです。もっとも最近は毎日バス1台分は送られてきているようですから、スペースが足りなくなるかも。。。

さて一方、国会では。

 

本日20時過ぎに始まった通常国会。開会時間を7時間とか大きく遅れておりまして、当然外出禁止時間です。でも国会議員は特権を持ってるからいいんだよ。

怒号が聞こえておりますが、この日一体何が討議に上っているかと言いますと、補正予算。コロナウィルス対策として非常事態宣言が出ている今、予算執行は通常とは異なり、通常の入札などと言った手続きを行わずに実施されます。しかも先日世銀などから「コロナ対策に」と多額の融資が決定しているグアテマラ。

そこで議員らが考えたのは何かというと。

 

一番下の矢印にご注目。国会にQ2000万、(役立たずの)中米議会にQ150万、(まだ存在もしていない)制憲議会議員にQ500万。

この人たちは自分たちのフトコロを温かくすることには類まれな才能を発揮するのでありますよ。抗議しているのは野党議員。

こんなんだったらマスク2枚の方がなんぼか良いと思いません???

ちなみに、国会での討議は「国会チャンネル」で生中継されるのですが、この後音声が途切れたそうです。やれやれ。

幸い最初の議決では可決されませんでしたが、こいつら同じことを別のやり方で通そうとしますからね。こーゆーのを厄災と言うんだな。悪霊退散!!!

まったくもー。