Monthly Archives: November 2017

通常国会閉会

グアテマラの国会は一院制ですが、その国会は毎年11月30日で閉会となり、12月はまるまるお休み期間となります。11月の最大懸案事項と言えば、来年の予算。

今年は年半ばでゴタゴタがあったり、前半でほとんど何のプロジェクトも進んでいなかったこともあり、今年の予算消化率は10月時点で半分以上を残している省もあったような。相変わらず道路はガタガタなのに、道路局を擁する通信省は「来年は道路の補修がたくさんあるから」とか言って大幅予算増額を要求していたり。教育省は教育省でやはり予算増額を要求していますが、こちらは教職員の給料アップのため。教職員組合は、政府を支援する代わりに待遇アップを取引していたのですね。

問題は、この予算、歳出が歳入見込みを大きく上回っていた点にあります。ただでさえ借金の返済に汲々としているのに、更に多額の負債を抱えてまでしなければならない歳出とは何か、ということ。

先週末、大統領官邸に与党党首のハビエル・エルナンデスを始めとして与党に協力する用意があると見られる政党の国会議員の代表が呼ばれて何やら秘密の協議をしていたそうですが、一般市民の支持を得ていない政府及び国会議員らによる国会運営及び政策が「汚職協定(Pacto de Corruptos)」と呼ばれるようになって久しいグアテマラでは、こういう周回そのものが胡散臭い目で見られることになってしまいます。

実際ここでは、予算案の国会通過のため、来年の国会議長職を取引材料にしたの協力要請があったと言われています。そして、可決に必要な協力が集まったと報道されていました。

そこで満を持して、昨日29日、やっとのことで予算案が国会で取り上げられることとなりました。グアテマラでは、法案は3回の朗読を経て採決に至るのですが、昨日中には第2回目の朗読まで終了。そして本日、3回目の朗読となりました。

ところが、まず反旗を翻したのは「みんなの党(Todos)」。予算案について「自分たちの提案が採用されていない」というのが表向きに理由。自分たちにメリットがないってことなのでしょう。でもひょっとしたら、みんなの党のフェリペ・アレホスは2年連続で国会執行部をやっているけど、議長になりたかったはず。噂では、汚職協定の会合では、議長はグアテマラ市長アルバロ・アルスーの息子のアルバロ・アルスーに内定していたという話です。大統領の恩返し的な物語ですな。

さて、通常国会では、毎度毎度「本日の討議順序」というのが提案され、可決されないと討議そのものが始まらないのですが、この「討議順序」が可決されるに至らなかったというのが今日の国会。そして予算案は時間切れで廃案となりましたとさ。

来年の予算が可決されない場合、日本だと可決されるまで議論しますが、グアテマラの場合前年の予算がそのまま流用されるという不思議な仕組みになっています。なので2018年予算は2017年予算と同額。

政治アナリストの中には「来年の予算が成立しなかったのは悪いことだが、予算が成立していたらもっと酷いことになっていた」なんてコメントをする人もいるという、それくらい汚職を利する予算案だったという話。

予算案の廃案を受けて、財務省は来年の予算の調整をすることになりますが、こういう結末になるとは予想もしていなかっただけに、不思議な気がしています。

12月は政治方面はほぼ全面休業になるので表面的には大きな動きはないでしょう。水面下で画策する人たちはいそうですけれどもね。

300m

我が家から一番近くにあるレストランはマクドナルド。ここまで300mですから徒歩5分もあれば到着します。

それなのに、なぜかウチのアパートにはマクドナルドからのデリバリーが毎日のようにあるという。どんだけ皆マクドナルド好きなんですか。それに何で買いに行かないの?絶対その方が早いよ!!!

マクドナルドの他にも、マクドナルドの次に近いポーヨ・ブルーホ(チキン)、3番目に近いライライ(中華)も常連さん。もう少し遠くならまだわかるんだけれど、この辺全部400mもないところにあります。

グアテマラ人は外食好き。ウチ付近だとちょっと渋滞につかまると帰宅が遅くなるので、余計外食頼みになるのはわかる。でも、こんなに近いのにデリバリー頼むのはなんで?家から出たくないとか、寒いとか、テレビ見たいとか、パジャマ着てるとか、そういうこと?

謎だー。

それにしても、いろんなものがデリバリーでやって来るので、バイクがアパートの前に止まる度に「今度はなんだ?」とつい見てしまう(笑)。ピザ、ハンバーガー、フライドチキン、サンドイッチ、寿司、えーっとそれから。。。うどんや蕎麦があったら完璧なんだけれどな。それだけいろいろデリバってくれる、便利な場所にあるのは事実です。

我が家がデリバリーを頼むのはパパ・ジョーンズのピザぐらい。ここは徒歩だと30分とちと遠く、我が家から車で行くのもちょっと面倒な場所にあるので。仕事の帰りにお店の近くを通る時は、立ち寄って買っていくこともあるけれど。

デリバリーがあんまり好きじゃないのは、「来るのが遅い」「冷めてる」ってことですかね。自分で行けば、少なくともアツアツが買えるじゃないですか。私ならそっちの方がいいけれどなぁ。

フライングの祝福

26日の日曜日、グアテマラ方面はブラック・ウィークエンドで大賑わいでしたが、ホンジュラス方面では総選挙が行われておりました。

大統領選挙では現職のフアン・オルランド・エルナンデスとテレビの司会者などとして知名度のあるサルバドル・ナスラーヤの一騎打ちとなっています。

Screenshot-2017-11-28 Sistema de Divulgación - TSE Honduras 2017

これは先ほどチェックした時点での、最高選挙裁判所の得票速報。「速報」というよりは「遅報」というべき?既に投票終わって2日が経っていますが、まだ70%程度の開票率というこのスピード。結果が確定するのは一体。。。オレンジ色がナスラーヤ、青がエルナンデス。赤以下はこの際置いておいて。傾向としてはナスラーヤが優勢とは言え、ほぼ互角。どちらが勝ったとしても、政権運営大変そうだなぁ。。。という気はします。ちなみに国会議員の方は、現在のところ青色のエルナンデス率いる与党が45%程度の得票を得ています。

まだまだどう転ぶかは不明ですが、まだまだどころかまだまだまだまだ不明だった昨日、エルナンデスがこんなツイートをしています。

「(グアテマラの)ジミー・モラレス大統領から、さっき与党の勝利を祝う電話をもらったよ」。

は?

これ、「大統領再選おめでとう」電話だよね??

え~~~!!? まだ確定してないってば!

来年のエルサルバドルの総選挙で大統領候補として出馬予定の現サンサルバドル市長ナジブ・ブケレもこれに反応。

「最高選挙裁判所がまだ公式な結果を発表してもいないのに、ホンジュラスの候補を祝福している大統領がいるのはなんで?」。

ジミー、恥ずかしいからやめろ!(いろんな意味で)

更に輪をかけたのが、この件について聞かれた外相サンドラ・ホベル。「祝福は、きっと公共心と寛容さによるものよ(civismo y tolerancia)」と珍解答。

外相というよりは外傷と言うべきですな。

最近のジミーは口を開けばアクシデントで、とても聞けたものじゃないのですが、本人もまさかフライングで祝福したのがこんな形で公表されてしまうとは思わなかったでしょう。今頃は「エルナンデス、落選しろ!!!」って思ってるんじゃないかな。ま、自分が蒔いた種だからしゃーないわ。

自分で蒔いた種くらい、報道官や外傷、もとい外相に押し付けないで、自分で刈りなよ。どうせ他に仕事してるわけじゃないんだからさ。

 

寒い季節の夕景

Sunset

帰宅途中の夕景。走る車の助手席から撮っているので、余計なものも多々入っていますが、何とかアグア火山も入りました。

乾季に入って間もない11月は、空気が澄んでいるので朝焼けや夕焼けがきれいです。その代わり、朝晩はぐぐっと気温が下がって冷え込みが厳しい。日中は太陽のあたるところは暑く、日陰は涼しいを通り越して寒い。そんなこんなで体調を崩しやすい時期ではあります。

Sunset

前の写真よりもう少し進んだところ。太陽はこっち側にあります。ちょっと見にくいですが、こちらにも小さくアグア火山が。わかりやすい山で助かるわー。

これだけクリアーな夕焼けが見られるのは2月くらいまでかしら。きれいなのはいいんですが、寒いのがねぇ。

DSC_2405

寒いのが好きじゃないのはこの人も一緒。もっとも冬毛に変身中なので、抜け替わったらもう大丈夫かな。多少寒くても朝は外に出て、お昼頃庭に差し込む太陽の光を満喫。もっともその後は家に入ったらあまり出ようとしないかな。。。

口の横に長い毛が生えているのが仙人っぽいモカでした。

2万歩

小僧は昨夜、サン・マルコス方面へとバスツアーに出かけました。いえ、これ、サッカーの応援バス、と言ったらわかりやすいかな?リーグの最終戦、ファイナルステージ進出をかけての試合だった上、ちょうど大学も講義休みの谷間にあって、「今行かないでいつ行くねん(なぜか関西弁)」ということであったようです。

お陰で昨日も今日も送迎サービス担当をさせて頂いたわけですが。

そんなわけで、昨夜からモカと2人の静かな週末が始まったのでありました。

とは言え、やることは多々あって、今日はまず朝7時からのF1最終戦を見ることから始まります。今年のワールドチャンピオンはルイス・ハミルトンにもう決定してしまいましたが、アブダビの夕方開始のこのレース、日没の風景とか夜になってからの美しいサーキットとか、見るの好きなんですよねぇ。レースそのものは見せ場のない、退屈なレースではありましたが。

その後は毎週日曜日恒例のサンデー走ろうかい(一人なので「会」未満)。ただし、既に9時なのでいつものコンダード・コンセプシォンは車が増えて走りにくいかな?と思い、わざわざラス・アメリカス通りまで来るまで言って、そこからレフォルマ通り方面へと走ります。走り始めたのが9時半。10時からならホコ天になるこの道路、まだ車がビュンビュンやって来ます。

今日は何かイベントがオベリスコ広場であるようで、ものすごい人たちがその付近に集まっていました。お子さんを連れた人たちが多かったので、クリスマス関連のイベントだったのかしら。11月後半から12月はそういったイベントが目白押しです。

いつもの「サンデー走ろうかい」もレースも、7時とか8時とかそんな時間なのであまり感じたことはなかったのですが、9時半に走るのって暑い!!!こんなに暑いとは思わなんだ。それにしても、この付近は本当に走っている人が多いです。私が普段走るコンダード・コンセプシォンもチラホラ見かけるのですが、ここはチラホラなんてものじゃない。石を投げれば走ってる人に当たりそうな感じ。いえ、投げませんけれど。

レフォルマ通りではちょっと寄り道。

Plaza España

レフォルマ通りから1ブロック行ったところにあるプラサ・エスパーニャ。近年、この真中にあるカルロス3世の噴水に車ごと突っ込むのが流行り始めた(?)らしく、街灯なども破壊されてしまったのですが、車が突っ込めないように整備し、街灯も修理というか新しく造られたようです。(この広場と噴水については過去のエントリー:スペイン広場 IIIIIIIVをご参照)

Plaza España

こちらは2015年の写真。以前道路だったところ、すべて公園になっています。車は上の写真で私が写真を撮っている位置の後ろ側を通過。車を運転する人にとっては、車線が減った上、大きく弧を描いて回らないといけないのでちょっと運転が大変になったのではありますが、気持ちのいい空間になっています。

そう言えばこのカルロス3世の噴水、噴水としてもちゃんと機能するようにしたようで、以前馬の口からよだれのごとく水が出ていたのを見たことがあります。マーライオンよりも迫力ありませんが、水が出てこその噴水。良かった。

さてそんな観光がてらのジョギングですが、えっちらおっちら走って車をピックアップし、帰宅してシャワーを浴びると早11時半。

あ!今日はコンダード・コンセプシォンに映画見に行こうと思ってたんだ。12:10始まりなので、急がないと!!!というのは、今日は大バーゲンの日なので、どこへ行っても超混雑しているだろうから、あそこなら徒歩で行けるからいいかなと。2km程度なので、一応大丈夫だとは思ったのですが、あれやってこれやってモカにバイバイしたりしているとあっという間に時間が!それでもチケット売り場には12時4分着。ふぅ〜、5分前行動しちゃったよ。日本人のDNA恐るべし。

お腹も空いてきていたので、久しぶりにポップコーンと炭酸水を買って一人でむしゃむしゃ。今日みたのは「オリエント急行殺人事件」。原作を読んだことはあるのですが、どんな事件だっけ?と思っていたら、殺される人が登場した辺りで思い出しました。そんなに期待していたわけではないのですが、ケネス・ブラナー、ジョニデ、ジュディ・デンチ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルスと出ている俳優さんたちがすごいので、一体どんな映画になっているんだろう?って思ったのですね。それぞれが個性ある俳優さんたちで、皆さん、出番が短いのがもったいない!あ、ケネス・ブラナーはもちろん出ずっぱり。この人とジョニデの声というか話し方がちょっと似ていて、時々混乱しそうになりました、実は。

映画を見た後は、再び徒歩で帰宅し、スーパーに寄って買い物。その後は洗濯、トイレ掃除と本当にバタバタとした一日でした。

おまけに、当初は「19時頃」と言っていた小僧の帰り時間も遅くなり。。。途中のチマルテナンゴで引っかかるので、どうしても遅くなるんですよねぇ。通過するのに1時間半かかったという話です。私はそっち方面のモールへ出向いて、お店の中を覗いてみたり。20時に閉店するお店が多いのですが、中には「本日は22時まで」というところもあり、20時過ぎてもまだ大勢の人が洋服とか靴とかを物色していました。私も「あーこれ素敵」と思ったのもあったのですが、ガーミンポチったからがーまん。

21時過ぎて小僧と落ち会い、無事帰宅することができました。ちなみに、小僧がインチャしてる某クラブは、引き分けでもファイナルステージ進出だったのですが、リーグ戦で最下位に沈むライオンさんチームに完敗して、今シーズンが終わってしまいましたとさ。行きは6時間、帰りは7時間半のバス旅でくたびれ果てたようで、夕食を取ったら崩れ落ちるように寝てしまいました。

私も今日はさすがに疲れた。ちなみにスマホのライフログによれば、今日はトータルで2万歩以上歩いたそうです。普段、ジョギングとか入れても週で4万歩行くことないのにな。どうりでくたびれているわけだ、私。

シネコンでジャスティス・リーグ

アメコミ好きというよりはアメコミ映画好きの小僧と一緒に、先週封切りになった「ジャスティス・リーグ」を見に行ってきました。

この週末はアメリカ直輸入のブラック・フライデーから続くブラック・ウィークエンドとかなんとかいろいろ命名されている大バーゲンシーズンで、ショッピングモール付近はかなりの人出が予想されるため、先手必勝とばかりに朝10時45分に始まるマチネを見に行ったのでした。

行き先はグアテマラシティ14区のパルケ・ラス・アメリカスという昨年できたモールにあるシネコン。シネコンと言ってもスクリーン数は4つか5つ。モールそのものは昨年の今頃オープンしてたけれど、シネコンの方はそれに数ヶ月遅れでオープン。そんなこんなでここに行くのは初めてです。

マチネがいいのはお客さんが少ないこと、なんだけれど、まさか貸し切りになるとは思いもしませんでした。ウィークデイの映画館のお客さんが片手のことはあるけれど、マチネとは言え土曜日。吹替版だったらもう少しお客さんいたのかな。チケットを買う時、前に2人いたのですが、別のスクリーンに行ったようです。

こじんまりしたシネコンで、お客さんも少ないけれど、シートがまだまだ新しくて座り心地良くて快適です。某シネコンのように冷房がガンガン効きすぎているわけでもなく、ここは結構穴場かも。トイレへ行く通路からの空港がチラリと見える風景も乙。ただし、スクリーンが少ないので、見たい映画をいつもやってるとは限らないのが玉に瑕、ではあります。

さて、肝心の映画の方は、一言で言えば「楽しかった!」。ロード・オブ・ザ・リングかよ!的なイントロダクションだったり、個性的で魅力的だけれど、一緒に仕事するのは考えてしまうような集団だったりと、楽しめます。ちょっとネタバレになってしまうけれど、問題は前の映画で死んだ某ヒーローが生き返ってから。あの人強すぎて、つまらない。てかさ、他の人たちはもう彼に全部まかせて、自分たちは応援に回ってればいいんじゃ。。。

ワンダー・ウーマンは相変わらず魅力的だし、アクアマンもチャーミング。軽いフラッシュも良いけれど、やっぱり個人的にはアルフレッドですよ、皆さん。サイボーグに仕事半分取られそうなアルフレッドですが、ジェレミー・アイアンズ好き。いい感じに年齢を重ねた顔ですよねぇ(はあと)。前作ではロバート・ダウニーJr.によく似てる!と思いましたが、今作はもうちょっと老けてて差別化できてました(おい)

そうそう、私たちは普通の2Dで見たのですが、それでもとっても映像が美しかった。新しい映画館なので、元々デジタル用に作られていることも関係あるのかも?クリアーな映像がきれいだったわー。

私達が到着した時点で駐車場は普段の土曜日より車が多かったのですが、帰る頃にはかなり一杯。それでもまだまだ続々と駐車場に入ってくる車が続き。。。給料日前だけれど、やっぱりバーゲンがあれば買い物に来たくなるものなのかもしれないですねぇ。

ガーミンをポチる

今年の2月から5kmのレースに出るようになって、早10ヶ月、月1回の参加ですから、合計10回出たことになります。しかも10回目は10回記念?で10km走ってしまう(半分歩いたけれど)という、1年前の私には考えられもしなかった事態となっており、内心むふふと思っている今日この頃。

「走る」のはシューズさえあればいいから、お金がかからない。

と一説には言われていますが、やり始めるとやっぱりいいシューズだって欲しくなるし、ウェアだってそれなりに欲しくなる。そしていろんな方のブログやら何やら見て「いいなぁ〜、ほしいなぁ〜」と指を加えていたのはガーミンのGPSウォッチ。私が持っていても宝の持ち腐れだしなーと思いながらスマホのランニングアプリを使っていたのですが、我が家近くは木が多いこともあって、ちょっと誤差が出ているっぽいのが気になっていました。

そう言えば、この前のレースでは、動物園からリベラシォン、ラス・アメリカス通りというルートだったのに、何故か空港を横切ったことになっていたっけ。。。あの辺りはそんなに遮るものがないと思ったんだけれどな。空港から飛び出して私の頭上を超えていった飛行機が邪魔したのかしらん。

そんな憧れのガーミン。私の欲しいモデルはどうもグアテマラでは扱っていないようで、勢い日本のショップをネットで覗いたり、アメリカのアマゾンを眺めたり。そんなことをしているから、アマゾンからは「ガーミン買わない?お安くしとくわよ」と熱心なお誘いのメールまで届く始末。

1年続いたら。。。と思っていたのですが、ま、四捨五入したらもう1年、ということで(自分に甘い)。

11月のバーゲンシーズン、しかも今日はブラックフライデー。この日に買わずにいつ買うの。メキシコ旅行だって我慢したじゃないか(車の修理にお金かかったからだけれど)。今クレジットカードで買えば、支払いはボーナスが入ってからでいいわけだし、ほらほらすべてが私に「買え」と言っている。

アメリカのアマゾンで買って、グアテマラへの転送サービスを利用するとトータルで約360ドル、日本で買うと4万円くらいと、ほぼ同じお値段。日本で買えば日本語バージョンになるけれど、それにはこだわりがないわけだから、やっぱりここで買っておけば早く使えるじゃん!!!

というわけで遂にポチってしまったのでありました。来週には届くかなー。わくわく。

もっとも、ここはグアテマラなので、トラブルがあったら修理できないかもしれないし、盗まれる可能性だって結構高い。というリスクがあるので気をつけないといけませんけれどねー。