細書きのペンを求めて

グアテマラと比べて日本の方が絶対いいなーと思うものに、ステーショナリーがあります。特に筆記用具。バリエーションも書き味もいろいろあって、必ず自分の好みに合うものがあるのがすごいです。

実は細書きのボールペン(ゲルタイプ含む)を探しているのですが、なかなかないんですよね。これは多分グアテマラだけじゃないと思うのですが、ここで「細書き」というと0.5ミリのペン。日本だと0.3ミリとか普通にあるじゃないですか。ここは0.5ミリや0.7ミリが多くて、それ以下のものがほとんどない。

でも良く考えればスペイン語って日本語と違って細部まで細かく書き込む必要ないからいらないのかな。むしろそれほど細すぎないペンの方が滑らかにかけて良いかも。文字が違うと使いやすい筆記用具も異なるのかもしれない。

ということにようやく最近気がつきました。

今愛用しているのはこのペン。

Pilot G-TEC-C4
Pilot G-TEC-C4 by Daniel Breslan on Flickr

パイロットのG-TEC。0.3ミリが品切れ中とかで0.4ミリを使ってます。これでもいいのですが、キャップ式の他にノック式があるといいんだけれどな。

ちなみにグアテマラではボールペンは国内生産してなくて、日本メーカーだとパイロットの他、ぺんてるとかゼブラを扱ってるお店あり。ステッドラーのトリプラス ファインライナーは0.3ミリだそうですが、書き味がもう少し太い気がします。書きやすいペンですが。それ以外だと画材屋さんに置いてあるロットリングくらいですかねぇ・・・。

日本に帰るたびに、文具屋さんの店先に色とりどりのペンがずらーっと並んでいるのを見るとつい手にとってしまいます。あそこまでなくてもいいけれど、もう少し細目のペンがあると嬉しいんだけれどなー。

というわけで、細書きのペンを求める探索は続くのでありました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s