Monthly Archives: May 2015

忙中

今週末にちょいとばかり大きなイベントが控えておりまして、ここのところ大忙しの日が続いています。帰宅するのも遅めなので、夕食の準備が~~~な日もあったり。ま、それでもとりあえずは元気です。

帰宅して小僧の相手をして、我が家のぴょん族を見て和む日々。ウサギって犬や猫のようには懐かないですが、逆にあまり懐かないくせに、私の近くでくつろいでいたりするとほっこり嬉しくなるのですよね。

そんなぴょん族のお食事風景。頭を左右に振って葉っぱを引きちぎり、むしゃむしゃ食べるのが右側のアズ、しょりしょりしょりしょりと穏やかに食べるのが左側のモカ。同じぴょん族でも性格違えば食べ方も違う。

eating lettuce

和むわー。

明日も頑張るぞ。

帰ってきたスパーク

一週間の入院の後、可愛いスパークが帰ってきました。先週の金曜日のことだけれど。

塗装の香りも爽やかなペンキ塗りたてのお尻がピカピカ輝いていて、まるで新車みたい。お尻だけだけれど・・・。

Accident
Before

reparado
After

半ケツだったのがきっちり収まり、キュートなヒップラインが帰って来たのでリボンなんかつけてみました。エンブレム盗まれた後もこうやって見ると却ってすっきりして良かったかも?盗まれないにこしたことはありませんけれどね・・・。

快適ゆったりのベルサから比べるとかなり非力なスパークですが、一生懸命走ってます感がするのが健気なところで、遂に訪れた雨季の土砂降りで道路があっという間に川に変身しても、ひたすら走り続けるのでありました。

買った時にオマケでつけてくれたスポイラーといったエアロパーツがあるせいで、修理には余計な時間と費用がかかったようですが、これだけきれいに直っていれば全然文句はありません。というか、この板金工場とても親切だったので、また何かあったらここに持っていこう。って縁がないにこしたことはありませんが。

それにしてもとにかく、相手が保険に入ってて良かった。入ってなかったら、とてもこんなすんなりとは行かなかったんじゃないかな。なんてことを改めて思った出来事ではありました。

ナマケモノ

1月に我が家にやって来た2匹のウサギ。その頃はまだまだ手のひらサイズだったアズですが、毎日毎日良く食べる子で、お陰で3月にはモカとほぼ同じサイズ、今ではモカより大きくなって、すっかり貫禄もついてきました。何だか今でもまだ成長しているような感じで、一体どこまで大きくなるんだろう?ゴジラサイズとかになったらどうしよう。とか思わないでもないですが。

そんなアズのある日の写真。

eating!

餌入れの横に長~くなってくつろいでいるなーと思ったら、ひょいと首を伸ばして餌をゴソゴソ、もぐもぐもぐ。おいおい、ちょっとお行儀が悪くありませんか?それにしても長いなぁ、この子。尻尾も大きいしね。

eating...

これはウチに来て間もなかった頃の写真。あれから4ヶ月とちょっと。相変わらずのマイペースうさぎですが、体はすっかり大人になりました。昔はモカの方が倍以上大きかったのに。

eating

なぜか食事中の写真が多いなぁ。耳の長いネズミっていう感じで、こうやって手をつかないとうまく餌が食べられなかったんですよね。それが今では悠々と寝そべって、首だけ伸ばして食べるようになるとは。ウサギの成長は早いです。

conejos

もう1枚、モカとアズのツーショット。モカは我が家に来てから長さは基本的に変わっていないと思いますが、かなりふくよかになりました。上の写真は手前がモカ。こうやって見るとモコモコしていてぬいぐるみみたいだわ。奥に座っているのがアズですが、この写真だと長さわからないですが、モカの1.5倍はあります。モカはこうやって割と平べたくなるのですが、アズはこんもりしている感じ。どちらもかわいいです。

今の心配は一体どこまで大きくなるんだ、アズは。ってことだったりしますが。

修理中

やっと少しレンタル中のベルサの運転にも慣れてきたところです。私のスパークだと登り坂の加速はなかなか回転が上がらずに大変なところでも、すっと加速してくれるのでとってもラクチン。ラクチンで快適すぎてつまらないと思ってしまうくらい、快適です。BBCの番組Top Gearで、日本車は良く「退屈」と評されていますが、ホントそんな感じ。とってもいい車だと思うのだけれど、個性がなくてつまらない。やっぱり私はキュートなミニクーパーとかオサレ系4DWのクロスフォックスとか好きだなぁ。今のスパークもあの色が気に入ったんだよね。もっともグアテマラでも、車の色で多いのはシルバー、白、メタリックブラウンと言った無彩色系。赤も少ないので、買った頃は私の車は本当に目だっていたのだけれど、最近は同じ色のスパークも増えちゃいました。

そう言えば、買って間もない頃、道路を走っていたら同じ色のスパークが向こうからやって来た、と思ったらピッピッ!ってクラクション鳴らして挨拶していったことがあったなぁ。当時はまだまだ少ない色だったのです。

さて今日の本題。

現在修理中の私のスパーク、修理の様子が保険屋さんのサイトで見られるようになっていまして、とりあえずバンパーを取り付ける部分がきれいに直っているようです。

20150508_110538
Befor

img_20150511_121952892
After

ベンツが突っ込んだ痕がくっきり残っていたのが、ほらこの通り、真っ直ぐに。わーい。それにしても、バンパーの下ってこんな風になっていたのね。

一応予定では金曜日に引き取れるらしい・・・のですが、実際にはどうなることやら。ベルサは快適だけれど、やっぱりチビでガニマタのスパークが自分には合ってると思います。

早く帰っておいで~。

鏡文字

昨日のSushi Ittoの話の続きだったりしますが。

私達は既にお皿とナプキンがセッティングされているテーブルに座ったのですが、その皿の下に置かれていたランチョンマット代わりのシートがこれ。

Sushi Itto

日本で撮った写真を使っているようですが、何故に鏡文字・・・?でかでかと大きな文字なので、余計気になる。何か意図でもあるのかしら。いや、多分ないと思うけれど。

隣の箸袋はアニメ柄。ひょっとしてSushi Ittoのオーナーって、オタク系なのかもね?と思った昼下がり。

Sishi Itto

この写真は以前にもアップしていますが、そのSushi Ittoの壁紙代わり。日本で撮った不思議な写真をこうして不思議にアレンジできちゃう感覚はおもしろいです。白黒なので、あまりうるさくないしね。

ただし、こういう壁紙とかランチョンとか箸袋だと、寿司屋というよりは飯屋のような感じ。もちろん寿司と言っても日本の寿司とはちょいと違う、Sushiなんだから別にいいんだけれど。鉄板焼きだってあるんだし。

それにしても気になるのは鏡文字。。。

鉄板焼き

5月10日は母の日。だからというわけではなくて、アルカディア・ショッピングというモールにあるレストランを月に1つずつ食べ歩きしよう!ということにしておりまして、今日はそれも兼ねてSushi Ittoに行ってきました。目的は昼食というよりも、アルカディア・ショッピングのテラスで食べてみたい!ということだったりします。

Sushi Ittoに行ったのはちょっと久しぶりかも。お寿司の他、カレーとかもあるのですが、目を引いたのはやっぱりこれ。

Sushi Itto

鉄板焼き!写真の白と黒の洋服の人が背中合わせに立って料理しているところがそう。見にくいけれど。

Sushi Ittoって鉄板焼きは以前からメニューにあったけれど、目の前で料理してくれたのではなかったような。ここでは鉄板焼き用のテーブルが4つくらい、それとは別に移動鉄板があって、希望があれば目の前で焼いてくれるのでありました。

材料はちょっと良く見えなかったのだけれど、もやしもあったし、キノコもあったし、肉は塊だったし、なかなかにデラックス。焼きながらタレをかけるので、ぷ~んといい匂いが漂ってきて、あー私もあれにすれば良かったかも!と思ったけれど、まあいいです。

小僧は握り、私はシーフードのカスエラ(煮込み)を頼んでお腹一杯。外の空気が入るこの空間、寒い日はどうなのかわからないけれど、やっぱり気持ち良かったです。来月はお隣のステーキ屋さんを訪問予定。

Tobogán

アルカディアと言えば、このオープンデッキが素敵なのですが、しばらく前からこんな滑り台ができていまして、子供達に大人気。見てるだけでも十分楽しいです。

レンタカー

木曜日に事故にあった車を、金曜日の朝保険会社指定の工場に持って行きました。手続きとしては、その日の内に保険会社の担当者が工場へ行って、最終的に修理内容の確認を行うことになりますが、大体一週間くらいかかるだろうということ。

以前住んでいたところだったら職場まで徒歩圏内なので、一週間でも何とか我慢するのですが、今のところは片道徒歩だと3時間くらい?バスだってあるけれど、これがまたグアテマラ名物チキンバス。

Antigua
photo by Ricardo Hurtubia on Flickr

写真はアンティグアですが、チキンバスってこういう乗り合いバスのことです。昔むかしのその昔、このバスに乗って通勤していたことはあるのですが、今ではすっかり軟弱なマイカー族に成り下がってしまったので、チキンバスを乗りこなす勇気がありません。そんなわけで、レンタカーを借りることにしたのでした。

今回は職場の近くの某レンタカー屋さん。ニッサンのベルサ、マニュアルトランスミッションで一週間Q2,100+付加価値税(12%)。安くはありませんが、割と評判の良いレンタカー屋さんのようなので、レンタカー初心者の私としては評判の良いところから初めてみようかと思ったのでありました。実際、電話での予約も店頭での応対もいい感じ。出てきたベルサは2013年モデルで何だかピカピカ。

ベルサ(Versa、北米ではヴァーサですか?)は日本ではティーダ・ラティオと呼ばれているモデルとほぼ同じ車なようです。ここらのニッサン車はメキシコの工場で製造されておりまして、グアテマラ人の中には「メキシコ製」とお気に入らない向きもあるようですが、メキシコ製でもニッサン。

Nissan Versa

これが一週間お世話になるベルサ君。私の愛車、軽快な緑のスパークとは違って、落ち着いた雰囲気です。こんな経緯で初セダンを体験することになるとは思っていませんでしたが。

個人的にはセダンよりも小回りの効くハッチバックが好きでして、お尻が突き出しているセダンは車の長さが全然掴めずにいるのですが、スパークよりも加速しやすいし、やっぱり高い車はそれなりに理由がある・・・ってのはスパークにぶつかってきたメルセデス・ベンツがかすり傷しか負っていなかったのを見た時にも思ったのですが。

それでもやっぱり慣れ親しんだ愛車にはやっぱり愛着があるんですよね。早く帰って来るといいな。