ガーミンをポチる

今年の2月から5kmのレースに出るようになって、早10ヶ月、月1回の参加ですから、合計10回出たことになります。しかも10回目は10回記念?で10km走ってしまう(半分歩いたけれど)という、1年前の私には考えられもしなかった事態となっており、内心むふふと思っている今日この頃。

「走る」のはシューズさえあればいいから、お金がかからない。

と一説には言われていますが、やり始めるとやっぱりいいシューズだって欲しくなるし、ウェアだってそれなりに欲しくなる。そしていろんな方のブログやら何やら見て「いいなぁ〜、ほしいなぁ〜」と指を加えていたのはガーミンのGPSウォッチ。私が持っていても宝の持ち腐れだしなーと思いながらスマホのランニングアプリを使っていたのですが、我が家近くは木が多いこともあって、ちょっと誤差が出ているっぽいのが気になっていました。

そう言えば、この前のレースでは、動物園からリベラシォン、ラス・アメリカス通りというルートだったのに、何故か空港を横切ったことになっていたっけ。。。あの辺りはそんなに遮るものがないと思ったんだけれどな。空港から飛び出して私の頭上を超えていった飛行機が邪魔したのかしらん。

そんな憧れのガーミン。私の欲しいモデルはどうもグアテマラでは扱っていないようで、勢い日本のショップをネットで覗いたり、アメリカのアマゾンを眺めたり。そんなことをしているから、アマゾンからは「ガーミン買わない?お安くしとくわよ」と熱心なお誘いのメールまで届く始末。

1年続いたら。。。と思っていたのですが、ま、四捨五入したらもう1年、ということで(自分に甘い)。

11月のバーゲンシーズン、しかも今日はブラックフライデー。この日に買わずにいつ買うの。メキシコ旅行だって我慢したじゃないか(車の修理にお金かかったからだけれど)。今クレジットカードで買えば、支払いはボーナスが入ってからでいいわけだし、ほらほらすべてが私に「買え」と言っている。

アメリカのアマゾンで買って、グアテマラへの転送サービスを利用するとトータルで約360ドル、日本で買うと4万円くらいと、ほぼ同じお値段。日本で買えば日本語バージョンになるけれど、それにはこだわりがないわけだから、やっぱりここで買っておけば早く使えるじゃん!!!

というわけで遂にポチってしまったのでありました。来週には届くかなー。わくわく。

もっとも、ここはグアテマラなので、トラブルがあったら修理できないかもしれないし、盗まれる可能性だって結構高い。というリスクがあるので気をつけないといけませんけれどねー。

Advertisements

イチンタル

グアテマラではグイスキル(güisquil)と呼ばれるハヤトウリは、メゾアメリカ原産のウリ科の植物です。メキシコではナワトル語のチャヨーテ(トゲカボチャ)が一般的だそうですが、このグイスキル、実だけではなく、先端の蔓や葉っぱの部分はもちろん、根っこも食用になるというスーパーフードです。

実の方はあちらでもこちらでも普通に食用にするのですが、根っこの方はまだそんなに一般的ではないようです。グアテマラでは根っこも食料と認知されていますが、根っこの方はイチンタル(ichintal)と別の名前がついているのがユニークです。

ichintal

見た目は長芋とか山芋とか色の薄いユカ芋(キャッサバ)とか白いサツマイモといった風。ウリというよりはイモ風で、実際に味もイモっぽい。地上部がわさわさと成長するグイスキル、おまけに実大ぶりで水分たっぷりですから、こんなごっつい根っこじゃないとダメなのかもです。

ichintal

断面図。イモとの大きな違いは、デンプン質が少なく水分が多いことなんだとか。カロリー控えめなので、ダイエット用にジャガイモなどの代わりに使うことも可能だそうな。

へぇ〜と思って、イチンタルの成分表を探してみたのですが、見つからず。グイスキルの方はあるんですが、イチンタルはそれだけマイナーだってこと?実と根っこだからほぼ同じと考えてもいいのかな?食感はかなり異なるんですが。

なお、イチンタルはカリウムやリン、ビタミンAを豊富に含んでいるそうです。カリウムと水分とくれば、腎臓に優しい食べ物と言えそう。

茹でたり蒸したりして食べるのが一般的だそうですが、少し灰汁があるので下茹でする方が良いかも。煮込み系が良さそうです。

皮をむいていると、ほのかにウリっぽい香りがして、やっぱりイモじゃなくてウリなんだと思うわけですが。ウリというか、スイカやメロンっぽい香り、と言うと正確かも。グイスキルよりも芋っぽいイチンタルの方がウリっぽいのは、ひょっとして、グイスキルに慣れてしまったから思うだけだったりするのかも?

塩ゆでしただけでも美味しいと思いましたが、カレーなんかに使っても良さそうです。お肉と合いそうなので、カルドとかにも良いでしょうね。でも、個人的にはジャガイモの代わりにするにはちょっと淡白すぎる気がします。ジャガイモの方が、やっぱり甘みがあって美味しいもん。

とりあえず一本買って下ゆでしたら、冷凍しとけば良いのかな。そうしておけば、何かがちょっと足りない時に使えそうな感じです。

 

在庫一掃中

今年は年内に帰国しないので(年末の休暇が始まってからの予定)、有給休暇が余ってしまい、12月末までに消化しないと権利を失ってしまう分があるので、なんとか有給休暇の在庫一掃をしようと頭をひねって日程を調整しました。

そして今日は12時で仕事を切り上げて有給休暇。お日さまがまぶしい時間に帰宅するなんて、なんて気持ちいいんだ!!!渋滞もなくて、病みつきになりそう〜。とか思いながら帰宅しました。

帰宅したら愛兎モカが大喜びで出迎えてくれ!

DSC_2387

たわけではありませんでした。

ママよりもお土産に夢中。むしゃむしゃ。いいも〜ん。

折角の早帰りですが、今日は何もせずにひたすらのんびり。12月にはまだまだ取り残していた有給休暇を消化しないといけない上、今年なんと勤続20年!ということで別途一週間の休暇を頂いてしまいました。加えて1月のアタマは日本に帰国するのでまたしばらくお休み。いつ仕事するんだ、私。

日本から戻ってきた後、ちゃんと社会復帰できるんだろうか?すっかりボケていそうな気が。。。

それでも、ここのところ何かと多忙であったので、自分の時間ができるのは嬉いです。メキシコ旅行はなくなったことだし、さて、何をしようかな。こんなに休暇をまとめて取れることは二度とないような気がするので、有意義に使いたいものではあります。

パスポートの季節

グアテマラでは11月とか12月というのは「パスポートの季節」でもあるのだそうです。

というのは、クリスマスシーズンに海外へ旅行へ行くためにパスポートを作る人達(新規・更新とも)が一気に増えるのがこの時期。国内4ヶ所のパスポートセンター(グアテマラシティ、ケツァルテナンゴ、チキムラ、フローレス)には長蛇の列ができるのだとか。

写真は一番人が多いグアテマラシティ。パスポートセンターは8時オープンですが、早朝3時には人が並び始めるという噂。

ちなみに、こんな時間に並び始める人達は「順番取り屋」とでもいいましょうか、順番を取って、その順番を売る人たち。いろんな商売があるものです。

そんなわけでオープン時間には既に長蛇の列状態。8時めがけて行った人は数時間待ちになるのが普通なのだとか。無事に窓口にたどり着くことができれば、それから30分後には新しいパスポートをゲットできるのですが、窓口にたどり着くのに10時間かかる人もいるという話。

グアテマラのパスポートは申請時に写真を撮影して、そのまま印刷するため、出来上がるのは早いですが、本人がその場にいないと作れないんですよね。なので小さい子どもも長時間待つはめになることも。最近は朝の冷え込みも厳しいですし、申請する人は皆大変です。

なんでこの時期に皆そろって申請するのよ!って話だと思うのですが、グアテマラ人のDNAにはまるで「行列」ってものが刷り込まれているかのようです。

この時期、発給されるパスポートは1日に1300から1400件とか。オープンしているのが8時から16時半の8時間半、510分ですから、1分あたり2.7冊のパスポートが作られていることになるという、グアテマラでは驚異的な(?)スピードのような気がします。

「順番取り屋」なんてのを排除できれば、もう少し皆安心して列に並んでいられると思うのですが。

というか、それよりもっと基本に戻って、せめて10月頃にパスポート作っておけばいいんじゃ。。。

ということはわかっていても、列を作るのやめられないのかもね、ひょっとしたら。

寒季到来

グアテマラの季節と言えば、雨季と乾季なわけですが、それとは別に寒い12月から2月と暑い3月後半から4月ってのもありまして、暑い時期は皆「夏」と呼ぶのですが、寒い時期を表現する言葉が足りません。ちなみに「冬」というのは雨季のことで寒い時期のことではありません。

普通に「寒い時期」と呼ばれているような気がしますが、面倒くさいので、ここでは「寒季」と表現することにしました。

前置きが長いですが、皆さん、寒季です!!!

確か先日も既に寒波がやって来ていましたが、どうやら今シーズン2つ目の寒波がもうやって来ているのだとか。

ちょうどアメリカ大陸の右下の形にフィットしている寒冷前線。ご覧の通り、アメリカの東海岸を覆う高気圧から前線に向けて風が吹くと、この付近ではユカタン半島めがけた北風となります。ユカタン半島からはグアテマラ方面に向けてそのまま強烈な風が吹き込む。よってこの付近も強い北風がびゅーびゅー吹き荒れる、という次第。

北米東海岸が寒いとグアテマラも寒い。あら、こんなところでつながっているのね、トランプさんと私。と何気に思わないでもないですが、それはともかく。

今夜から明日にかけては低温傾向で、グアテマラシティで12〜14度、我が家付近だと10度を切るくらいになるってこと?

そして涼しいことで有名なケツァルテナンゴは最低気温予想が3〜5度。涼しすぎて身震いしそうです。

これから3月前半まで、寒冷前線が通過するごとに気温がががっと下がるグアテマラです。風さえなければ、日中は太陽が当たるので暖かいくらいですが、ユカタンおろしが吹き荒れる日は太陽が出ていても寒いです。こういう日は車の中で暖を取るのが一番!

そんな辛い季節の到来です。せめて、夜は早く寝ることにしよっと。

バブルラン

バブルランってナンノコッチャと思った方も多いかと思いますが、泡の中を走る、バブルでランラン♪なレースのことです。

グアテマラで唯一実施されている(と思われる)バブルランはアウロラ動物園主催のもの。動物園の施設改善のための資金集めのファンランです。子ども3km、大人10kmと、私がいつも参加している5kmがなかったので、3kmにしておこうかなぁ〜と思いながら10kmにエントリーしてしまいました。

普段のジョギングでも、今までに走った(一部歩き)距離の最高は8kmちょっと。10kmは私の人生で未知の世界だー(歩いたことならあるはずだけれど。子どもの頃の遠足とかね)。もっとも、タイム計測のないファンランなので、気楽と言えば気楽です。ダメなら途中からずっと歩けばいいんだし。

Corre por Zoo 2017

バブルランとはいいますが、泡があるのはスタート/ゴール地点のみ。途中にはそんなもの一切ありません。スタートは動物園の敷地内。グアテマラシティの目抜き通りを通るため7時スタートと早いですが、快晴だ!!!参加者は3000人くらいかな。

と意気揚々とスタートしたまでは良かったのですが。

10km長かったです。今回のルートは、今まで走ったことのないところだったので(車でならしょっちゅうだけれど)、ペースがつかめず、どうやら普段より早めのペースで走っていたようでした。そんなわけで後半バテバテ。

バテバテながらも何とか1時間17分でゴール付近。というのは泡々なゴール地点は人混みになっていて、大渋滞(笑)。普段参加するレースはプロモーション会社が関わっていることが多く、割としっかり組織化されているのですが、動物園のは職員が中心となっており、レースというよりはイベントだということなのでしょう。家族参加の方もとても多いです。

セルフィー撮ってる人多数。だから渋滞になるんですが。

久しぶりにゼイゼイ言いながらのレースとなりまして、一番最初に参加した今年2月のレースを思い出しました。あの時は本当にゼイゼイのハアハアだったんですよね。公称5km(実際には6km)のレースを59分でゴールしたのですが、9ヶ月後の今、とりあえず10kmをこなせるようになったよ!えらいえらい。

このレース、Tシャツがなかなかの人気です。アウロラ動物園の人気者のペンギンおばさんの他、ライオン、キリン、カバのバージョンがあり、色も様々。私はキリン、小僧はカバで参加。カバとペンギンの人が多かったかな。少なかったのはライオン。前日にKitを受け取るわけですが、Tシャツを選ぶ人たちの目が真剣そのもの。そう、ここでも渋滞が発生していたのですね(笑)

今日のが10回目の記念となる?レースだったのですが、私的にはまだ10km走れるだけの体力ないなーと痛感しました。ちなみに小僧は55分でゴールイン。いいなぁ、若者。来年は10kmをもう少し楽に走れるようになるのが目標。さて12月はどのレースにでようかな。。。

クリスマスシーズン

昨日、愛車を定期点検に出した時のこと。サービスには走行距離数に応じて大中小と揃っているのですが、愛車は6万キロに達していたので、大サービスをする番なのでありました。ブレーキパッドの交換はやらないといけないだろうなとは思っていたのですが、点検の結果「ブレーキディスクの交換」と「後輪のブレーキシステムのほにゃららがなんとか」というのが加わって、トータルで約1000ドル強。

というわけでその後はいろいろと気が遠くなってしまい、ブログを一日放置してしまったのでした。

本当のところは、ちょうと安いチケットが出ていたのでメキシコに遊びに行こうかなーと計画を立てていたのもご破産だし。旅行の予算もちょうど1000ドルくらいだったんですよねぇ。それ以外にもあれやこれやお金の計算をしていたらあっという間に時間が経ってしまったのでした。

それでも、愛車がそれだけで済んで良かったと考えることにしよう。それでコンディションが良好になってくれるのであればいい!!!(ポジティブシンキング)

もっともこの話には続きがあって、昨日中に車を引き取れたのは良かったんだけれど、当初は小僧がピックアップに行く予定にしていたのが、車の仕上がりが17時にずれ込んだため、18時に7区でアポがある小僧はピックアップに行けず、仕事帰りの私が行った、までは良かったのだけれど。

小僧を拾って帰るつもりが、そっち方面に向かう道路は半端ない渋滞でちーっとも進まず。なんと、職場から整備工場まで徒歩20分程度なのですが、そこから職場に戻るのに車で1時間かかったという。本当は7区まで行って小僧と落ち合うつもりだったのですが、あと1時間あっても絶対にたどりつかない。というわけで、小僧がモトタクシー(バイクのタクシー)を拾って職場までやって来て落ち合ったのでした。

いやはやもう、なんというか踏んだり蹴ったり。私的には踏まれたり蹴られたり、という気分ですが、それは言葉のあやというものなのかしら。

実は昨日、空港のすぐ側にある動物園が夜間公開されていて、それでそっち方面がものすごい渋滞となっていたのだそうです。私が向かっていた方向がちょうど動物園と同じ方向だったため、亀より遅い歩みになってしまったのでした。時間帯がもう少しずれていれば、大丈夫だったのでしょうが。モトタクシーでやって来た小僧も「動物園までは渋滞していたけれど、その後は全然何もなかった」と言ってました。もっとも、昨日から11月のバーゲンが始まっているため、モトタクシーが出払っていて、捕まえるのが大変だったようですが。

落ち合ってからの帰宅路は動物園とは反対方向なのでスムーズに流れていましたが、グアテマラシティの渋滞、恐るべし。

今日は今日とてオベリスコ広場でクリスマスツリーの点灯式が行われ、相当な渋滞があった。。。と思われます。

そしてイベント好きのグアテマラ(とその近郊の)市民たち、何かがあるとわっとたかりに、じゃなくて集まってくるのですよね。今日の交通規制はかなり広範囲に行われていたようで、イベントには関係ない方面に行こうとしてのにたどりつけなかった人もいたりするのでは。。。

そこまでしてやるクリスマスツリーの点灯式、その後打ち上げ花火もあるのだけれど、そう言えば今日エルサル街道を走っていた時、グアテマラシティが一望にできる見晴らしの良い付近では何台も車が止まっていて、その付近だけ渋滞していました。ツリーはさすがに見えないけれど、花火は見えるもんな。

ともあれ、こうしてグアテマラのクリスマスシーズンはにぎやかに開幕したのであります。